【日本ハム】吉田輝星

2018年のプロ野球ドラフト会議で
吉田輝星の交渉権を獲得した
チームは日本ハムである
◯(答)
84%

エースナンバーにふさわしい投手になる。日本ハムのドラフト1位、金足農・吉田輝星投手(17)が23日、札幌市内で新入団選手発表の会見に臨んだ。背番号は投手では11~16年の斎藤以来となる「18」に決まり、「チームを代表して大事な試合で勝てる投手というイメージがある」と受け止めた。23年開場予定の新球場について聞かれると「初めての試合で先発を任されるピッチャーになりたい」と、堂々と新球場の開幕投手に名乗りを上げた。
引用元:日本ハム1位吉田輝星、新球場開幕投手に堂々名乗り – プロ野球 : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811240000097.html

吉田 輝星(よしだ こうせい、2001年1月12日 – )は、秋田県秋田市出身[2]の野球選手(投手)。右投右打。

秋田県立金足農業高等学校に進学し、1年夏からベンチ入りする。3年夏は秋田大会から夏の甲子園準決勝まで10試合連続完投勝利を挙げる[4]。大阪桐蔭高等学校との決勝戦では5回12失点で敗戦[5]。斎藤佑樹、松井裕樹と並ぶ夏の甲子園・4試合連続二桁奪三振を記録[6]。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、複数の球団からの指名が報道されていたが[7]、1位指名の1巡目では全球団が指名を見送った[8]。根尾昂の外れ1位として、北海道日本ハムファイターズから単独指名を受けた[9][10]。11月23日の入団会見で、背番号は18に決まった[11]。

選手としての特徴
投球フォームはオーバースロー[12]。高校時代にストレートの最速は152km/hを計測[13]。スライダー、スプリットなどの変化球を持つ[14]。
引用元:吉田輝星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E8%BC%9D%E6%98%9F