【VAR】Video Assistant Referee

サッカーW杯では2018年大会から
導入された、重要な場面において
主審が別室のビデオ判定を用いて
ジャッジする制度を何という?
TEAC
RMVO
VAR(答)
46%

ビデオ・アシスタント・レフェリー (Video Assistant Referee、略称VAR) とは、サッカーにおけるビデオ判定を主に担当する副審判員を指す名称[1]、またVARシステムの呼称でもある[2][3]。VARを用いたレフェリングの補助システム全体はVARシステムと呼ばれる。本記事ではVARと彼らの役割・運用(VARシステム)について説明する。

VAR制度の特徴としては常にチェックが行われる点であり、選手や監督からの異議申し立てで行われるものではない[3]。

概要
VARは主審をアシストする副審であり、判定自体は主審が下す。また主審は基本的には自身が判定を下す前にVARの助言を待つ事はできず、あくまで主審の判定がまずありきである。VARの介入を受け入れるかどうかも主審に決定権があり[1]、自身の判定後に疑問が生じた場合はVARに助言を求めることもできる[4]。

VARは試合を常にチェックしていて後述のような助言すべき事があった場合に主審に助言をする。しかし判定を決定するのは主審でありVARに決定権はない[5]。そしてVARシステムによって既存のルールが制約を受けることはない。これらの点が他のスポーツにおけるビデオチャレンジと大きく異なる点である。

いくつかの大会での試験的な導入を経て、2018年より国際サッカー評議会 (International Football Association Board、略称IFAB) が定めるサッカー競技規則記載の公式ルールとなり、IFABの認可を受けた組織だけが採用できる[6]。
引用元:ビデオ・アシスタント・レフェリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC