バンニーキルク

2017年の世界陸上選手権
陸上男子400mで金メダル
バンニーキルク(答)
26%

ウェイド・バンニーキルク(Wayde Van Niekerk (South African English pronunciation: [ˈweɪd fʌn niːˈkɛərk], アフリカーンス語: [fan niˈkɛrk]、1992年7月15日 – )は、南アフリカ共和国の陸上競技選手である。

日本のメディアはウェイド・バンニーキルクと表記することが多いが[1]、南アフリカ英語ではウェイド・ファン・ニーケアク、アフリカーンス語ではヴェイド・ファン・ニーケルクが近い。

2015年世界陸上北京大会男子400m決勝で、アフリカ新記録、世界歴代4位(当時)[2]のタイムとなる43秒48を記録し優勝[3]。

2016年リオデジャネイロオリンピック男子400m決勝において、マイケル・ジョンソンが保持していた世界記録を17年ぶりに更新し[4]、金メダルを獲得した。

2017年オストラバ・ゴールデン・スパイクはチェコ・オストラバ(Ostrava)で行われ、男子300メートルでウェイド・バンニーキルクが30秒81の世界最高記録を樹立した。(国際陸連が公認していない種目のため世界記録ではなく世界最高記録と表記される)。
引用元:ウェイド・バンニーキルク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%AF