カハナモク ハワイ出身の競泳金メダリスト サーフィンを広める

011tiNJNZogBl
五輪の水泳で3つの金メダルを
獲得したハワイ出身の名選手で
後にサーフィンを広めたことでも
知られるのは?
ハナクモカ
→カハナモク
Kahanamoku

デューク・カハナモク(Duke Paoa Kahinu Mokoe Hulikohola Kahanamoku, 1890年8月24日 – 1968年1月22日)はハワイ出身のサーファー、水泳選手である。
>1911年、デュークはアマチュアの水泳競技会において、自由形100ヤードで当時の世界記録を4. 6秒も縮める驚異的な記録を叩き出し、注目を浴びる。同時に彼は220ヤードの世界記録も破り、50ヤードでは世界タイ記録を出した。しかも会場はホノルル港の海水である。
1912年、デュークは圧倒的な実力でオリンピック代表の座を手に入れる。この予選会では200メートル自由形で世界記録を更新し、挑んだ1912年 ストックホルム五輪では100メートル自由形であっさり優勝。リレーでも準優勝に貢献した。
1920年のアントワープ五輪でも100メートル自由形優勝、リレー優勝。1924年のパリ五輪では100メートル自由形準優勝に終わったものの、この大会で銅メダルを獲得したのは実弟サミュエル・カハナモクであり、改めてハワイのウォーターマンの実力を世界に知らしめることとなった。
>また、デュークを題材とした映画「ザ・ライド」も2003年に製作されている。1990年にはデュークの功績を称え、オアフ島のワイキキ・ビーチに等身大の銅像が設置された。
引用元: デューク・カハナモク – Wikipedia.