【マススタート】高木菜那【1500m】高木美帆

2018年の平昌冬季五輪から新規
採用された、スピードスケートの
種目は「◯◯スタート」?
◯を答えなさい
マス(答)
46%

2018年平昌五輪スピードスケート
女子マススタートで、初代女王
となった日本人選手は誰?
フルネームで答えなさい
たかぎなな(答)
41%
高木菜那
引用元:高木菜那 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/42193/


平昌冬季五輪のスピードスケート
女子1500mで銀メダルを獲得した
日本人選手は誰?
フルネームで答えなさい
たかぎみほ(答)
高木美帆
42%

マススタートとは、クロスカントリースキーやバイアスロン、スピードスケートなどで行われている競技形式である。「マス」という語は集団を意味する[1]。

スピードスケート
沿革
2015年にスピードスケートの世界距離別選手権で採用され[2]、2018年平昌オリンピックで初めてオリンピックの種目に採用された[3][1][4][5][6][7]。

ルール
20人前後の選手が一斉にスタートし[1][4][8]、1周約400 m[3][1][5]のコースを男女共に16周走り[3][1][4][5][9]、4の倍数の周回数(4、8、12周目)に上位3選手がそれぞれ5ポイント・3ポイント・1ポイントを得る事ができ、ゴール時に上位3選手がそれぞれ、60ポイント・40ポイント・20ポイントを得て[3][4][8]、そのポイントの合計で最終順位を決める[3][4]。先頭から1周遅れた時点で失格となる[4]。スタート直後の転倒事故防止のため1周目は集団で走り、良いポジションを得る為の加速は禁止されている。違反すると失格となる[4][8]。2周目以降から加速する事が可能となる[4][8]。また選手はショートトラック同様にヘルメットとグローブを着用して競技に臨む。

平昌オリンピックでは1回戦で12人[2][4]、決勝戦では1回戦の各組8人ずつ[4]の合計16人が参加する[2]。
引用元:マススタート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88