【落雷事故】レティーフ・グーセン

アマチュア時代、落雷事故に遭遇
2001年、02年にEPGA賞金王
南アフリカ出身のゴルファー
2001年、2004年全米オープン優勝
アーニー・エルス
トーマス・ビヨン
レティーフ・グーセン(答)
タイガー・ウッズ
29%


2003年、04年にEPGA賞金王
1994年、97年全米オープン優勝
2002年全英オープン優勝
南アフリカ出身のゴルファー
アーニー・エルス(答)

レティーフ・グーセン(Retief Goosen, 1969年2月3日 – )は、南アフリカ・リンポポ州ポロクワネ(旧名ピーターズブルグ)出身のプロゴルファーである。

経歴
2001年と2004年の2度、全米オープンで優勝した実力者である。これまでにヨーロッパツアーで14勝、アメリカPGAツアーで7勝を挙げる(メジャー大会である全米オープンの優勝は、アメリカ・ヨーロッパの両方のツアーで優勝回数をカウントされる)。同じ南アフリカ出身のアーニー・エルスとは若い頃からのライバルであり、親友でもある。世界ランキング自己最高位は3位。

グーセンはアマチュア選手時代に、練習中に雷に打たれて大怪我を負ったことがある。1990年にプロ入りした後も様々な不運に遭い、1994年と1997年の全米オープンで優勝したエルスに比べて、国際レベルに開花するのが遅かった。しかし2001年6月の全米オープンで初日からトップに立ち、その後も好調なラウンドを続ける。最終日の18番ホールで50センチの短いパーパットを外し、マーク・ブルックス(アメリカ)とのプレーオフになったが、それを制してメジャー大会初優勝を飾った
引用元:レティーフ・グーセン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3