【160週世界ランク1位】ジミー・コナーズ

アメリカの元プロテニス選手
4大大会のシングルスで通算8勝
160週連続で世界ランク1位
クリス・エバートと一時期婚約
ピート・サンプラス
アーサー・アッシュ
ボリス・ベッカー
ジミー・コナーズ(答)
36%


アメリカの元プロテニス選手
4大大会のシングルスで通算14勝
1990年代に6年連続世界ランク1位
ウィンブルドンで最多の7勝
イワン・レンドル
ピート・サンプラス(答)
アンドレ・アガシ
ボリス・ベッカー


1980年代に活躍したテニス選手
ウィンブルドンでは優勝できず
4大大会のシングルスで通算8勝
旧チェコスロバキア出身
イワン・レンドル(答)

連想
強烈なサーブを武器に活躍
4大大会のシングルスで通算6勝
17歳でウィンブルドン優勝
ドイツ出身の元プロテニス選手
ボリス・ベッカー(答)

連想
ロス五輪の男子シングルスで金
4大大会のシングルスで通算6勝
愛称は「グラスの貴公子」 
スウェーデン出身の元テニス選手
ステファン・エドベリ(答)

連想
アメリカの元プロテニス選手
4大大会のシングルスで通算8勝
アトランタ五輪では金メダル
世界一のリターナー
アンドレ・アガシ(答)
引用元:「ピート・サンプラス」ウィンブルドン7勝 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/39339/

ジミー・コナーズ(Jimmy Connors, 1952年9月2日 – )は、アメリカ・イリノイ州ベルビル出身の元男子プロテニス選手。フルネームは James Scott Connors (ジェームズ・スコット・コナーズ)という。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(U.C.L.A.)出身。

ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドルらと並び、男子テニスの歴史を通じて最も輝かしい黄金時代を築いた名選手のひとりである。コナーズは1970年代の男子テニス界に長らく王者として君臨した。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

4大大会通算8勝は、フレッド・ペリー、ケン・ローズウォール、イワン・レンドル、アンドレ・アガシと並ぶ男子テニス歴代8位タイ記録。 ATPツアーのシングルスではいずれも男子歴代1位のツアー109勝、シングルス1243勝などの大記録を持つ。世界ランキング1位連続保持記録「160週」は歴代2位(当時歴代1位、2007年2月26日にロジャー・フェデラーがコナーズの記録を更新し、2008年8月17日まで「237週」を記録)。また世界ランキング1位通算在位記録「268週」は当時歴代最長で、現在でもフェデラー(302週)、サンプラス(286週)、レンドル(270週)に次ぐ歴代4位である。 闘志溢れるプレーで高い人気を集め、観客を自分の味方につける術にも優れた選手だった。
引用元:ジミー・コナーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA

クリス・エバート(Chris Evert, 1954年12月21日 – )は、アメリカ・フロリダ州フォートローダーデール出身の元女子プロテニス選手。フルネームは Christine Marie Evert (クリスティン・マリー・エバート)というが、「クリス・エバート」の名前で最もよく知られる。愛称の「クリッシー」“Chrissie”で呼ばれることも多い。父親のジミー・エバートと妹のジャンヌ・エバートも元プロテニス選手である。好敵手であるマルチナ・ナブラチロワとともに、1970年代から1980年代前半の女子テニス界を牽引した。
引用元:クリス・エバート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88