【合気道】植芝盛平【柔道】嘉納治五郎


1882年に嘉納治五郎が
創始した武道は合気道である
×(答)
◯柔道
80%

234hdQvEKLQqN
「不出生の天才」と呼ばれた
合気道の達人です
塩田剛三
しおだごうぞう(答)
引用元:「塩田剛三」しおだごうぞう「合気道」生ける伝説 「牛島辰熊」最強の柔道家・木村政彦の師匠 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/14198/

柔道(じゅうどう)は、「柔」(やわら)の術を用いての徳義涵養を目的とした芸道、武道のことである。現代では、その修養に用いられる嘉納治五郎流・講道館流の柔術技法を元にした理念を指して「柔道」と呼ぶことが一般化している。柔道は、投げ技、固め技、当身技の三つを主体とする武術・武道、そしてそれを元にした社会教育的な大系となっている。

日本伝講道館柔道 – 世界的に普及している柔道でオリンピック種目にもなっている。
七帝柔道(高専柔道)
起倒流柔道
直信流柔道
なお、本項では1を詳述する。

柔道(じゅうどう)、日本伝講道館柔道(にほんでんこうどうかんじゅうどう)は、柔術修行に打ち込み修めた嘉納治五郎が様々な流派を研究してそれぞれの良い部分を取り入れ、さらに自らの創意と工夫を加えた技術体系の「柔よく剛を制す」という心身の力をもっとも有効に活用した原理を完成させ、1882年(明治15年)にその考察から創始した文武の道である[1]。
引用元:柔道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%94%E9%81%93

合気道(あいきどう・合氣道)は、武道家・植芝盛平が大正末期から昭和前期にかけて創始した武道。植芝盛平が日本古来の柔術・剣術など各流各派の武術を研究し、独自の精神哲学でまとめ直した、体術を主とする総合武道である。

(植芝盛平が創始したもの以外の「合気道」は→“「合気道」の名称について” にて詳述。)
引用元:合気道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93