国立「西が丘」サッカー場


国立の競技場としては唯一の
サッカー専用スタジアムは
国立◯◯◯サッカー場?
ひらがな5文字列で答えなさい
にしがおか(答)
36%

西が丘サッカー場(にしがおかサッカーじょう)は、東京都北区の国立スポーツ科学センターにあるサッカー専用の球技場である。施設は独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下「JSC」)が所有しており、JSCが運営・管理も行っている。正式な施設名称は「国立スポーツ科学センター(西が丘)サッカー場」(こくりつスポーツかがくセンター(にしがおか)サッカーじょう)である[2]。

東京都中央区に本社を置く味の素が命名権を取得しており、2012年5月1日から「味の素フィールド西が丘」(あじのもとフィールドにしがおか)の名称を用いている(後述)。
引用元:国立西が丘サッカー場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E8%A5%BF%E3%81%8C%E4%B8%98%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%A0%B4

味の素フィールド西が丘
施設概要

建築面積 1,186.65m²(スタンド面積3,460m²)
延べ面積 997.17m²
芝生面積 10,614m²(サッカーコート105m×68m)
夏芝:ティフトン、冬芝:ペレニアルライグラスで通年緑化を実施
収容人員 個席=5,073 立見席=2,180 障害者席=5
合計収容人員=7,258人 夜間照明 : 約1,200ルクス(平均)
1972年(昭和47年)、国立西が丘競技場としてサッカー専用競技場、庭球場などが建設されました。サッカー場は、国際試合、天皇杯予選、全日本大学選手権、関東大学リーグ、全日本女子選手権、全国高校選手権などに幅広く利用されています。
引用元:味の素フィールド西が丘 https://www.jpnsport.go.jp/nishigaoka/tabid/136/Default.aspx