STATCAST


2015年から大リーグで本格的に
導入されている、ボールや選手の
動きをカメラとレーダーで測定し
細かく解析できるシステムは?
ACASTTTS
STATCAST(答)
23%

文字パネル
2012年のクラブW杯より本格的に導入される、サッカーでボールがゴールしたか否かの判断に器械を用いるシステムは?
GLT(答)

阪神やサンフランシスコ・ジャイアンツなどで活躍した藪恵壹投手がメジャーリーグ時代を振り返ったインタビューで、最も印象に残った投手として、SFジャイアンツのティム・リンスカムを挙げていた。リンスカムは公称5′ 11″(約180センチ)と、メジャーリーグ投手の中では小柄だが、2009年当時はメジャーで最もハードなボールを投げ込んでいた。日本人プロ投手と変わらない体格で、技巧派ではなく、速球派として三振の山を築くリンスカムのピッチングは、まるで野球漫画の主人公のようで、剛球が生み出されるメカニクスを不思議に思ったものだ。でも、今ならその謎がゲーム中継の解説で明らかになる。

MLBが、今年から「Statcast」をレギュラーシーズンの実況・解説にも導入し始めた。Statcastは、高解像度の光学カメラとレーダーを用いて、すべての選手とボールの動きをトラッキングし、収集したデータを実況・解説に適した形ですぐに利用できるようにしたものだ。データをもとに選手のパワーやスピード、技術、チームの戦略などがリアルタイムで分析され、これまではわからなかったメジャーリーグのスゴさや工夫をテレビの視聴者が発見できる。

例えば、背の低いリンスカムがなぜ剛球を投げられるのか? 答えは「全身をしならせ、強く踏み込んで投げているから」なのだが、これまで解説者にそう言われても、どの投手も身体をしならせて投げているから、そのスゴさにピンとこなかった。しかし、Statcastなら「身体をしならせる」違いがはっきりとわかる。

Statcastを使って、MLB.comがフィラデルフィア・フィリーズの巨漢投手アーロン・ハラングとリンスカムを比べている。ハラングは身長6’7″だが、リリースした瞬間のボールとプレートの距離は5’8″しかない。身長の86%の長さだ。その結果、ストレートの速度は88マイル止まりで、しかも伸びがない。ハラングの名誉のために付け加えておくと、86%はメジャーリーグ投手の中では悪くない数値だ。リンスカムの数値はレベルが違う。身長5′ 11″に対してプレートからボールの距離は6’9″。なんと身長の114%に達するダイナミックなフォームから投げられるボールはよく伸び、ハラングと同じぐらいの球速でもホームベース上でのスピードでは上回るから、バッターには剛速球に見える。

ちなみに、現在メジャー最高のハードボーラーであるアロルディス・チャップマンは身長6’4″の恵まれた体格で、しかもプレートからボールの距離は7’3″(身長の115%)というリンスカム並みに伸びのあるフォームで投げ込む。その結果102マイル(164キロ)を超える剛速球が生まれるのだ。納得である。
引用元:シリコンバレー101(612) データが伝えるベースボールの面白さ、MLB観戦を変える「Statcast」 | マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/svalley-612/

スタットキャスト(Statcast)はアメリカ合衆国のメジャーリーグベースボール(MLB、野球の大リーグ)で導入されている、ステレオカメラやレーダーを使用して選手やボールの動きを高速・高精度に分析するためのもの。MLBアドバンストメディア(英語版)社によって2015年にはMLBのすべての本拠地球場に導入された[1][2]。

概要
軍事技術の追尾レーダーの技術を利用したもの[3]。2014年に試験的に導入され2015年には全面導入された。ドップラーレーダーと複数の光学高精細カメラを使用してグラウンド上の選手やボールの位置や方向や速度などを計測し、それらのデータを記録・分析・数値化する[4]。算出された結果は実況放送中にも画像やデータとして表示が可能である。
引用元:スタットキャスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88

一般的な名称や正式な名称として「サッカーの審判補助システム(サッカーのしんぱんほじょシステム)」の内容が定められている訳では無く、定義されていない用語であるために辞書の見出しとしては不適切だが、この項ではサッカーにおいて審判の補助をするためのテクノロジーとして、撮影・録画されたビデオ(英: Video. 動画、映像の意味)を活用して、ゴールやファウルなどの判定を補助するシステムについて取り扱われている(本来の言葉の定義としては映像使用だけでなく、ヘッドセットを使った審判団内のコミュニケーションツールも含まれる)。追加審判制度同様に競技規則の追加部分という扱いであり、使用するかどうかは各コンペティションの主催者の判断に任される。

現在ルール導入されているのはホークアイなどを用いた機械判定であるゴール・ライン・テクノロジー(GLT)、ビデオ判定のためのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)制度が存在する。GLTはジー・エル・ティーと発音されることはほとんど無いが、VARは公式にもヴイ・エー・アールと発音される。VARはVAR制度において主要な役割を果たすビデオ審判員(JFAは日本語版競技規則でVARとアシスタントVARの総称として「ビデオ審判員」の名称を正式に用いている)だが、日本では「VAR」というアルファベットの並び自体が「VAR制度」、「ビデオ判定」と同じ意味で誤って使用されることが多い(例:「VAR判定」、「VAR審判」、「VAR発動」、「VARが故障」など)。特にオン・フィールド・レビューがVARという名前の行為として誤認されている場合が多く、「VARを使用」や「VARを適用」など、どの作業を指しているのか不明確な表現がメディアで多用されることで混乱を招いている。各国では英語でのVideo Assistant Referee(VAR)の名称の他、それぞれの言語で「ビデオ審判」、「ビデオ副審」を指す名称が用いられる場合も多い。ドイツではVideo Assistant(VA)の名称が主に用いられている。
引用元:サッカーの審判補助システム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AF%A9%E5%88%A4%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0