【鹿島】ベベット、ビスマルク【浦和】ブッフバルト【柏】カレッカ、ストイチコフ


次のサッカー選手を
所属したクラブごとに
グループ分けしなさい
57%

鹿島アントラーズ浦和レッズ柏レイソル
ベベット
カレッカ
ブッフバルト
ストイチコフ
ビスマルク

ベベット(Bebeto)ことジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ(José Roberto Gama de Oliveira、1964年2月16日 – )は、ブラジルの元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード。1989年度南米年間最優秀選手賞。

2000年にはJリーグの鹿島アントラーズでもプレー。鳴り物入りでの入団だったが全く水が合わず(実際は入団前のコンディショニングを全く行っていなかった為)、8試合出場でわずか1得点を挙げたのみで4ヵ月で退団した。このときは監督のトニーニョ・セレーゾが結果の出せないベベットを使い続けることで鹿島のチーム内の雰囲気が悪くなった程であった。
引用元:ジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%A9

カレッカ (Careca)ことアントニオ・デ・オリヴェイラ・フィーリョ (Antonio de Oliveira Filho、1960年10月5日 – )は、ブラジルのサッカー選手。日本では、カレカとも表記される。ちなみにカレカは禿げ頭の意味。禿げてもいない彼がこの名で呼ばれる理由は、彼がファンだったコメディアン、カレッキーニャに由来する。

1993年秋、来季のJ1加入が認められるか不明な中、レイソルに加入、ナビスコカップ、天皇杯に出場した。
引用元:アントニオ・デ・オリベイラ・フィーリョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%A7

ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト(Guido Ulrich Buchwald、1961年1月24日- )は、ドイツ出身のサッカー指導者、元サッカー選手。

元ドイツ代表のディフェンダー。2004年から2006年にはJリーグの浦和レッドダイヤモンズで監督を務めた。

1994年のFIFAワールドカップアメリカ大会を最後にドイツ代表を引退し、来日。Jリーグ・浦和レッズで1994年から1997年の3年半の間プレーした。浦和ではディフェンスの要として活躍。「ゲルマン魂」をそのまま体現する闘志むき出しのプレイスタイルはチームに大きな刺激を与え、それまで弱小クラブだった浦和を底上げし、サポーターから敬愛された。1995年・1996年には2年連続でJリーグベストイレブンに選出されている。1997年10月15日、浦和駒場スタジアムで行われた退団セレモニーでは、白馬に乗って場内を回った。
引用元:ギド・ブッフバルト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88

フリスト・ストイチコフ(Христо Стоичков, Hristo Stoichkov, 1966年2月8日 – )はブルガリア・プロヴディフ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

1990年代にFCバルセロナの中心選手の一人としてリーガ・エスパニョーラ優勝などに貢献[4]。ブルガリア代表としても1994年に行われたワールドカップ・アメリカ大会において6得点を挙げ得点王となり同国のベスト4進出(最終成績は4位)に貢献し[4]、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を受賞。現役引退後はブルガリア代表などで監督を務めていた。

1998年にJリーグの柏レイソルへ移籍、デビュー戦となった同年7月29日のヴィッセル神戸戦ですぐにゴールを決めた[22]。1999年は4月の浦和戦、名古屋戦、G大阪戦、5月5日の市原戦まで4試合連続ゴールを決める活躍をしたが[23]、UEFA欧州選手権の予選出場のためにチームを離れると、再びレイソルに戻ることはなく退団、引退と伝えられた[24]。
引用元:フリスト・ストイチコフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%95

ビスマルク・バレット・ファリア(Bismarck Barreto Faria、ビスマルキ・バヘト・ファリーアと発音、1969年9月17日 – )はブラジル出身の元サッカー選手,移籍代理人会社の経営者。元ブラジル代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー。

ブラジルのヴァスコ・ダ・ガマなどでプレーし、1990年のワールドカップイタリア大会のブラジル代表のメンバーに選ばれた。日本では1993年のJリーグ・日本信販・NICOSシリーズ(第2ステージ)にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)入団。1993~95年の3年連続で同シリーズステージ優勝、また1993,94年の年間チャンピオンに貢献した。

その後、チームの運営方針の見直しから、1997年に鹿島アントラーズに移籍。1998年、2000年のシーズンのリーグ年間優勝の中心選手となった。2000年Jリーグ初の三冠に貢献、2001年に退団。
引用元:ビスマルク・バレット・ファリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%82%A2