クラニチャル


2006年サッカードイツW杯で
クロアチアの監督を務めました
クラニチャル(答)
32%
Zlatko Kranjčar

ズラトコ・クラニチャール(Zlatko Kranjčar, 1956年11月15日 – )は、クロアチア・ザグレブ出身の元同国代表サッカー選手。選手時代のポジションはFW。元同国代表監督。しばしば「クラニツァール」、「クラニカル」などとも表記される。

人物
選手時代はNKディナモ・ザグレブ、SKラピート・ヴィーンなどで活躍し、ユーゴスラビア代表としても11試合3得点の成績をおさめた。

クロアチア独立後初の試合では代表のキャプテンを務めるなど2試合1得点の成績を残し、1993年に引退。指導者としての道を歩み、クロアチアやオーストリア、エジプトなどのクラブで監督を務めた。2004年にクロアチア代表監督に就任。息子のニコ・クラニチャールを代表に招集し、国内で話題を呼んだ他、2006年のドイツW杯出場に貢献した。
引用元:ズラトコ・クラニチャール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB

ニコ・クラニチャール(Niko Kranjčar 発音: [nǐːko krâɲt͡ʃaːr], 1984年8月13日 – )は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現クロアチア)・ザグレブ出身のサッカー選手。無所属。ポジションはミッドフィールダー。

NKディナモ・ザグレブでデビュー後、2005年にライバルのハイドゥク・スプリトに移籍し[2]、国内の2つのビッグクラブでプレイを経験した。移籍は議論を呼んだが、2006年の夏にポーツマスFCに移籍し[3]、すぐにハイドゥク・スプリトを離れた。ポーツマスでは中心選手として活躍を続けたが[4][5][6]、2009年9月にポーツマスの監督を務めていたハリー・レドナップが指揮を執るトッテナム・ホットスパーFCへ移籍した[7]。
引用元:ニコ・クラニチャール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB