セレッソ大阪


2017年のJリーグYBC
ルヴァンカップで優勝したのは
セレッソ大阪である
◯(答)
70%

Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に関しては後述)。

概要
Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されており、J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内3大タイトルの1つとされる[1]。

決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、2014年からは埼玉スタジアム2002で開催されている。

2010年5月に、1992年に実施された第1回大会以来の通算入場者数が1,000万人を突破。また、同年10月には本大会の通算試合数が1,000試合に到達した。

カップウィナーに対してJリーグカップ(チェアマン杯、前年優勝クラブによる持ち回り)とルヴァンカップ(スポンサー杯、優勝クラブへの贈与)がそれぞれ授与される。2007年からは、優勝チームは翌夏に開催されるスルガ銀行チャンピオンシップへの出場権が与えられることになった。

結果
23 2015年 鹿島アントラーズ 3 – 0 ガンバ大阪 50,828人
24 2016年 浦和レッズ 1 – 1 aet
(PK 5 – 4) ガンバ大阪 51,248人
25 2017年 セレッソ大阪 2 – 0 川崎フロンターレ 53,452人
引用元:Jリーグカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97