クラシックを制したノーザンテースト産駒「シャダイアイバー」「シャダイソフィア」「ダイナカール」「ダイナガリバー」「アドラーブル」

027jhMeisSTVN
中央競馬のクラシックレースを
制した、ノーザンテースト産駒を
1頭答えなさい
シャダイアイバー   1982オークス
シャダイソフィア   1983桜花賞
ダイナカール   1983オークス
ダイナガリバー   1986ダービ
アドラーブル   1992オークス

ノーザンテースト ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88
>ノーザンテースト(英: Northern Taste、1971年 – 2004年)はカナダ生まれの競走馬、種牡馬。
>1975年4歳時に当初の予定通り種牡馬として社台グループが日本に輸入。種牡馬入りした当初は、その独特の容貌(短い足と大きな頭部)から、日高の一部生産者から「犬のような馬」「わざわざアメリカからヤギを買ってきたのか」と揶揄され、嘲笑に近い言葉を浴びせられたこともあったという。しかしその後、ノーザンテーストは数多くの勝ち馬を輩出し、日本競馬の血統を大きく塗り替えた名種牡馬としてかつてない賞賛を受けることになる。
>主な産駒[編集]
ダイナガリバー(東京優駿(日本ダービー)、有馬記念、共同通信杯4歳ステークス)
アンバーシャダイ(有馬記念、天皇賞(春)、目黒記念(秋)、アメリカジョッキークラブカップ2回)

クラシック (競馬) ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF_(%E7%AB%B6%E9%A6%AC)
>競馬におけるクラシックまたはクラシック競走(Classic Races)とは、古くから施行されていた伝統的な競馬の競走を指す言葉である。
日本では、専らイギリスのクラシック競走から派生して、各国の3歳三冠を形成する競走や、それに付随する一連の競走を指す言葉として使う。
>「クラシック競走」という言葉はイギリスのサラブレッド競馬の以下の5競走を“British Classics”(英国クラシック競走)と呼んだことに由来する[3]。
2000ギニー(1809年創設。3歳牡馬牝馬限定)
1000ギニー(1814年創設。3歳牝馬限定)
オークス(1779年創設。3歳牝馬限定)
ダービーステークス(1780年創設。3歳牡馬牝馬限定)
セントレジャーステークス(1776年創設。3歳牡馬牝馬限定)

これに習い、日本でもこの5競走に相当する3歳馬のための下記の競走を「クラシック競走」と称するようになった。
皐月賞
桜花賞
優駿牝馬(いわゆる日本のオークス)
東京優駿(日本ダービー)
菊花賞
これらの競走に出走するための3歳馬の競走体系を「クラシック路線(クラシック戦線、クラシックロード)」などと表現する。

ダイナガリバー ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC
>ダイナガリバーとは日本の競走馬である。アンバーシャダイと並ぶノーザンテーストの代表産駒で、数々の名馬を輩出したノーザンテースト産駒のなかでも唯一の日本ダービー馬である。社台グループ初の日本ダービー優勝馬でもある。