有田市


高校野球の名門
箕島高校がある和歌山県の都市は
◯◯市?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ありだ(答)
44%

和歌山県立箕島高等学校(わかやまけんりつみのしまこうとうがっこう)は、和歌山県有田市に所在する公立の高等学校。

概要
野球部は、1960年代後半から80年代にかけ、尾藤公監督の下、高校野球の強豪校として全国的に知られる存在であった。全国制覇は春3回・夏1回の計4回を数えた。1979年には史上3校目となる甲子園春夏連覇を達成している(公立高校としては史上唯一)。なかでも春夏連覇を果たした79年夏の箕島対星稜延長18回の試合は有名である。

和歌山県は野球強豪県であり、その伝統は旧制和歌山中学校(現・和歌山県立桐蔭高校)、旧制海草中学校(現・和歌山県立向陽高校)、本校と受け継がれてきた。近年は、智辯和歌山高校にその座を譲っていた感があったが、2009年に18年ぶりにセンバツに出場しベスト8の結果を残した。 尾藤公の長男、尾藤強が2013年に監督就任、同年、全国高等学校野球選手権大会出場を果たした。 箕島は野球の他、フィールドホッケーの強豪としても知られ、インターハイ通算37回出場、選抜大会・国体では優勝歴がある。
引用元:和歌山県立箕島高等学校 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E7%AE%95%E5%B3%B6%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

有田市(ありだし)は、和歌山県の中部に位置する市である。旧有田郡。

地理
和歌山県の中部に位置し、紀伊水道に面している。市中央を流れる有田川沿いに沖積平野が形成され、市街地及び田畑が広がっている。 市北部は白倉山、明神山、愛宕山等の急峻な長峰山脈が連なり、港町付近で平野となる。市南部も長峰山脈から派生する山々が連なるが、北部と比較して標高が低く、千田付近で峠を形成し山林が途切れている。更に西に行くにつれ再び標高が高まり、最西部の宮崎の鼻にて紀伊水道に沈む。
引用元:有田市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E7%94%B0%E5%B8%82