おりおあいしん


2018年の高校野球、夏の甲子園
に初出場した福岡県の高校です
折尾愛真
おりおあいしん(答)
64%

キューブ
JR鹿児島本線・折尾駅の
名物駅弁です
かしわめし(答)

北福岡大会の決勝は折尾愛真が飯塚との壮絶な打ち合いを12-9で制し、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。2004年の創部から率いる奥野博之監督(48)はホークスの大道典良2軍打撃コーチ(48)とともに高校時代(三重・明野)に甲子園でも活躍。打ち勝つチームを目指し「怪物打線」をつくりあげた。プロ注目のスラッガー3番松井義弥主将(3年)だけではなく、この日は1番長野匠馬(同)が満塁本塁打を含む2発、5番野元涼(同)も今大会6本目の本塁打を放った。今夏10本のチーム本塁打を記録した豪打で夢の舞台でも旋風を吹かせる。
引用元:折尾愛真が初甲子園 奥野監督が育てた「怪物打線」/北福岡|【西日本新聞】 https://www.nishinippon.co.jp/nsp/koushien_fukuoka_2018/article/435246/

折尾愛真中学校・高等学校(おりおあいしんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、福岡県北九州市八幡西区堀川町12番10号にある男女共学の私立中学校・高等学校。学校法人折尾愛真学園が運営している。

2018年(平成30年) – 高等学校男子硬式野球部が、第100回全国高等学校野球選手権記念大会北福岡大会で優勝、創部15年目で初の全国大会出場を果たす。[1]
引用元:折尾愛真中学校・高等学校 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%98%E5%B0%BE%E6%84%9B%E7%9C%9F%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%83%BB%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1