【1972,1974】フィッティパルディ、【1976】ジェームス・ハント、【1979】ジョディー・シェクター


次のF1レーサーと
世界王者を獲得した年の
正しい組み合わせを選びなさい
ジェームス・ハント───1976年
フィッティパルディ───1974、1976年(1972、1974?)
ジョディー・シェクター───1979年
0%

フィッティパルディの獲得年はWikipediaによれば1972、1974年のようです。
(コナミお客様相談室へメール報告済)

エマーソン・フィッティパルディ(Emerson Fittipaldi, ポルトガル語の発音ではエメルソン・フィッチパウヂ、1946年12月12日 – )は、ブラジル・サンパウロ生まれのレーシングドライバー。元F1ドライバー、CARTドライバーである。F1とCARTの両方でチャンピオンになった。愛称はエモ(Emo)。F1現役時代は大きなもみ上げがトレードマークであった。

F1での経歴
活動時期 1970-1980
所属チーム ’70-’73 ロータス
’74-’75 マクラーレン
’76-’79 コパスカー
’80 フィッティパルディ
出走回数 144
タイトル 2 (1972,1974)

ブラジル人ドライバーの先駆者
フィッティパルディはF1でもCARTでもブラジル人として最初のチャンピオンになった。彼の成功体験を追って、ブラジルから海外に渡って挑戦する者たちが現われ、その中からネルソン・ピケやアイルトン・セナといったブラジル人F1チャンピオンが誕生した。CARTやIRLでもジル・ド・フェラン、クリスチアーノ・ダ・マッタ、トニー・カナーンといったチャンピオンを輩出し、ブラジル人ドライバーは様々なカテゴリで確固たる地位を築いている。

先駆者であり、人格者でもあるフィッティパルディは後輩たちから慕われた。セナが1993年にF1休養を検討した際には、ペンスキーのインディマシンをテストする機会を与えた。またブラジルでは当時ナショナルヒーローであり、1972年のチャンピオン獲得時にはブラジル郵政省から記念切手が発行された。
引用元:エマーソン・フィッティパルディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3

ジェームス・サイモン・ウォリス・ハント(James Simon Wallis Hunt, 1947年8月29日 – 1993年6月15日)は、イギリス出身の元レーサー。1976年にF1のシリーズチャンピオンを獲得した。2014年1月に国際モータースポーツ殿堂入り[1]。

F1での経歴
活動時期 1973-1979
所属チーム ’73-’74 マーチ
’74-’75 ヘスケス
’76-’78 マクラーレン
’79 ウルフ
出走回数 93 (92スタート)
タイトル 1 (1976)
優勝回数 10

映画化
2011年、1976年シーズンのハントとラウダのライバル関係を描く”Rush”の製作が発表された。ピーター・モーガンが脚本を執筆、ロン・ハワードが監督を務め[11]、ハント役は『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが演じた。

2013年9月より全米で封切られ、日本では邦題『ラッシュ/プライドと友情』として2014年2月7日に公開(2月1・2日先行上映)。日本語吹き替え版ではKinKi Kidsの堂本光一がハント役を演じた。劇中では人物像に脚色が施され、ラウダとは犬猿の仲だったがF1で実力を認め合った後で親友になるというストーリーが描かれている(実際には上述の通り、F3時代から仲が良い)。同様に1976年の最終戦・日本GPでは棄権したラウダがピットからハントのチャンピオン奪取を見届ける描写がなされているが、現実ではラウダはマシンを降りてすぐサーキットを離れ、空港で帰りの飛行機に乗る前に結果を知らされている。
引用元:ジェームス・ハント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%88

ジョディー・デイヴィッド・シェクター(Jody David Scheckter, 1950年1月29日 – )は、南アフリカ生まれのレーシングドライバー。1979年のF1ワールドチャンピオンであるが、2000年にミハエル・シューマッハが達成するまでの21年間、フェラーリでドライバーズ・チャンピオンを獲得した最後のドライバーであった。

愛称は「リトル・ベアー(小熊)」。兄のイアン・シェクターもF1ドライバーで、息子のトーマス・シェクターはインディカー・シリーズに参戦していた。

F1での経歴
活動時期 1972-1980
所属チーム ’72-’73 マクラーレン
’74-’76 ティレル
’77-’78 ウルフ
’79-’80 フェラーリ
出走回数 112
タイトル 1 (1979)
優勝回数 10

引退後
その後は、アメリカで護身用兵器の訓練を扱うビジネスを立ち上げ、実業家としても成功を収める。『世界まるごとHOWマッチ』(毎日放送)に「映像機器販売会社の社長」として登場したり、湾岸戦争では軍事評論家としてCNNに出演した。

その後、会社を売却して巨額の資産を得ており、イギリスのスポーツ選手長者番付では上位にランクインしている。2010年における推定資産は6,000万ポンド(約86億1,600万円)[2]。現在はイギリスハンプシャー州で有機農業を営んでおり、ホンダF1チームのスポンサーとして、ケータリングの食材を供給した。
引用元:ジョディー・シェクター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC