しんとうかつよし


2001年から2002年までJリーグ
横浜FCの監督を務めました
信藤健仁
しんとうかつよし(答)
26%

信藤 健仁(しんとう かつよし、1960年9月15日 – )は、日本の元サッカー選手(DF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。広島県広島市出身。元サッカー日本代表。中央大学文学部国文科卒業。JSL時代の登録名は信藤 克義(しんとう かつよし)で、Jリーグ後は信藤 健仁と登録されている。

2001年、代表時代から師弟関係にあった奥寺康彦に誘われ横浜FC監督就任。サッカーファンを仰天させた2-4-4の超々攻撃的システムを掲げ戦う[7]。明確な戦術を提示し積極的に若手を起用、神野卓哉をくさびとする波状攻撃を仕掛け2年間を戦うも、相手チームの徹底したカウンター攻撃に沈み、2002年はJ2最下位という結果に終わり解任された。

また現役引退後からテレビ(WOWOW他)の解説、新聞、サッカー雑誌評論などでも活躍。2006年から中央大学サッカー部のヘッドコーチも務めた。

2008年12月より、浦和レッドダイヤモンズのチームダイレクターに就任。統括責任者としてトップチームの編成等を行うも、2009年途中に、補強失敗による、チームの成績不振によって、一部サポーターから自宅襲撃に合い、体調不良を訴え、精密検査を受診したところ甲状腺の機能に障害が認められ、治療が必要と診断、11月29日に体調不良で休養に入ることを発表した。その後、12月25日にチームダイレクター退任が発表された。 「Talk on Together 2010」内で、「信藤健仁さんの健康状態はどうなのか」という一般からの質問に対し橋本光夫社長からは「健康状態は回復しつつあるが時間がかかる」とのコメント。また信藤と会談があったことが伝えられ、信藤からのコメントが発表され「謝罪も無くシーズン中にチームを離れることになって申し訳ない、出来れば回復したらここに来て謝罪したい」と言っているが2012年現在も叶ってはいない。
引用元:信藤健仁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E8%97%A4%E5%81%A5%E4%BB%81