真下昇



ジャパンラグビートップリーグの
初代チェアマンは水谷眞である
×(答)
◯真下昇
33%

ジャパンラグビートップリーグは、日本における社会人ラグビー(15人制、ラグビーユニオン)の全国リーグである。以前の各地域リーグと全国社会人ラグビーフットボール大会が発展解消し、2003-2004シーズンから発足した。16チームによるリーグ戦、リーグ戦上位4チームによるトーナメントのトップリーグプレーオフからなる。秩父宮ラグビー場、東大阪市花園ラグビー場など全国各地で行なわれている。
引用元:ジャパンラグビートップリーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

第2代ジャパンラグビー トップリーグ チェアマンに、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(JRFU)の高島 正之(*)(たかしま まさゆき)副会長が就任いたしましたので、お知らせいたします。

<参考>
 第1代チェアマン  真下 昇(ましも のぼる)
 ※(財)日本ラグビーフットボール協会 副会長(退任時)
 任期:2003年9月 – 2013年3月31日
引用元:ジャパンラグビー トップリーグ第2代チェアマンに高島正之 JRFU副会長が就任|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト http://www.top-league.jp/2013/07/11/id20515/

水谷 眞(みずたに まこと、1945年9月1日 – )は、東京都出身の元ラグビー選手。

来歴
現役時代のポジションは主にウイング(WTB)及びセンター(CTB)。

目黒高校を経て、法政大学へ進む。同大学在籍時代には、第1回/第4回大学選手権で優勝を経験。日本代表に選出され、キャップ4を獲得。

卒業後はリコーに入社。同チーム在籍時代には、『和製オールブラックス』という愛称を持つ強豪チームの一員として、日本選手権で2回、全国社会人大会で3回の優勝を経験した。

引退後はリコー監督、関東ラグビーフットボール協会理事長、日本ラグビーフットボール協会理事等を歴任。また、ラグビー中継の解説者としても多数出演歴がある。
引用元:水谷眞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%B0%B7%E7%9C%9E