千葉茂


1959年におこなわれた
日本プロ野球初の引退試合は
千葉茂の引退を記念した
ものであった
◯(答)
×藤村富美男
74%

引退試合(いんたいしあい)とは、引退を表明した選手が引退するにあたって行われる試合のことである。

日本プロ野球
プロ野球が再開された1947年から、1975年まで野球協約で正規に定められていた。別名を「10年選手制度」といい、現在のフリーエージェント制度の前身である。

顕著な功績をもつすべての10年選手は所属クラブとの合意に基づき、かつ最終的に現役を引退するにさいし、希望する地域において毎年11月15日以後エキジビションゲームとして引退試合を主催し、その収益金を取得することができる。
— 日本プロフェッショナル野球協約 第97 – 100条
「10年選手」にはこの他にトレード拒否権、再契約金受給権が付与されていた。

この規定が適用された選手は次の12名。規程が「することができる」となっているため、吉田義男・稲尾和久など引退試合を行わなかった有資格者が多数存在する。

千葉茂(1959年)
藤村富美男(1959年)
西沢道夫(1959年)
大下弘(1960年)
服部受弘(1960年)
川崎徳次(1962年)*
別所毅彦(1962年)
飯田徳治(1965年)
金田正一(1970年)
杉浦忠(1971年)
村山実(1973年)
川上哲治(1975年)*
(*選手引退後に連続してコーチ・監督として同じ球団に在籍しており、選手の引退時ではなく監督としての引退時に行った)
引用元:引退試合 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E9%80%80%E8%A9%A6%E5%90%88

千葉 茂(ちば しげる、1919年5月10日 – 2002年12月9日)は、愛媛県西条市出身のプロ野球選手・監督。ポジションは二塁手。

戦後中日ドラゴンズ選手を経てセントラル・リーグ審判となった千葉英二は実弟。

1948年(昭和23年)に銀座の洋食店「グリルスイス」で、千葉がカツレツをカレーに乗せて食べたことから、店主が「カツカレー」を新メニューとして発案したことが知られている[1]。
引用元:千葉茂 (野球) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E8%91%89%E8%8C%82_(%E9%87%8E%E7%90%83)