宮本恒靖


2018年7月にクルピの後任として
ガンバ大阪の監督に就任した
元サッカー日本代表DFは誰?
フルネームで答えなさい
みやもとつねやす(答)
69%
宮本恒靖

ガンバ大阪は23日、ブラジル人のレビークルピ監督(65)を途中解任し、後任にはG大阪トップチームコーチ兼U-23監督の元日本代表DF、宮本恒靖氏(41)が就任すると発表した。

 宮本氏はW杯に2度出場、G大阪、日本代表でも主将を務めた。またU-23の後任監督はユース監督だった実好礼忠氏(45)が昇格する。

 チームは前日22日のホーム清水戦に1-2で敗れ、J1は5戦勝ちなし。プレーオフ圏内の16位に低迷している。2度目のJ2降格危機に、G大阪は切り札ともいうべき、宮本氏に白羽の矢を立てた。J1残留へ、新任監督、ツネ様の手腕が問われる。
引用元:G大阪監督に宮本恒靖氏 元日本代表主将に再建託す – J1 : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/soccer/news/201807230000737.html

宮本 恒靖(みやもと つねやす、1977年2月7日 – )は、大阪府富田林市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。同志社大学経済学部卒。元日本代表。現在はJリーグ・ガンバ大阪監督を務める。

2002年と2006年にはFIFAワールドカップに出場し、キャプテンを務めた。

2013年7月19日、第13期FIFAマスターを卒業し、元プロ選手としては2人目、日本人元プロ選手としては初めてのFIFAマスター卒業生となった[3]。
引用元:宮本恒靖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E6%81%92%E9%9D%96