【うざ血髪嬉し】




次の格闘家を
アントニオ猪木と異種格闘技で
闘ったのが早い順に選びなさい
ウィリアム・ルスカ 1976
ザ・モンスターマン 1977.8
チャック・ウェップナー 1977.10
カール・ミルデンバーガー 1978
ミスターX 1979
ウィリー・ウィリアムス 1980
レオン・スピンクス 1986
ショータ・チョチョシビリ 1989
28%

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 – )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。無所属クラブ所属の参議院議員(2期)。本名:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂[3]」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。複数の結婚歴と離婚歴があり、元妻の一人には女優の倍賞美津子がいる。倍賞との間に娘が一人いる。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」[4]。

元WWF(現在のWWE)ヘビー級王者、UWA世界ヘビー級王者、NWFヘビー級王者。

プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。
引用元:アントニオ猪木 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8

ウィレム・ルスカ(Willem Ruska、1940年8月29日 – 2015年2月14日)は、オランダの柔道家、プロレスラー。アムステルダム生まれ。1972年ミュンヘンオリンピック柔道男子無差別級、重量級金メダリスト。オリンピック同一大会で2階級を制覇した唯一の柔道家。身長190cm、体重110kg[1]。柔道現役時代からプロレス参戦の間のみならず、トレーニングを怠らなかったため、50歳代で再びリングに立った際にも往年の肉体を維持していた。典型的な北欧人(スカンジナビアン)形質で長身にうすいプラチナブロンド、透けるような白い肌で熱戦になると白人独特の赤い肌になったためにマスコミから“オランダの赤鬼”などと称されたが、これは日本国内だけである(鬼=a devilに肯定的ニュアンスはほぼないが、本人はアカオニという日本での通称を理解しており、後年には気に入っていたことを語っている)。ニックネームは “Wim” Ruska。

柔道を現役引退した後は、青少年相手の柔道師範などをした後に、プロ格闘家へ転向しアントニオ猪木の新日本プロレスへと参戦した。そして1976年2月6日の日本武道館において「格闘技世界一決定戦」と銘打ち、猪木とシングルで対戦。バックドロップ3連発で猪木に敗れている。その後も継続的に新日本プロレスのリングに上がり続けたが、プロレスに対しての適応力が弱く、定着するには至らなかった。その後長いブランクの後に、1994年9月23日の横浜アリーナで猪木と再戦。鍛え上げられた肉体を披露するも、チョークスリーパーで敗戦している。1994年には新日本プロレスの内部グループである平成維震軍に興行に参加し、後藤達俊と対戦。裸締めで勝利している。
引用元:ウィレム・ルスカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AB

ザ・モンスターマン(The Monsterman、1940年 – )は、アメリカ合衆国・ペンシルベニア州出身の男性空手家、キックボクサー。本名はエベレット・エディ(Everett Eddie)。

モハメド・アリとの試合で世界的に有名になったアントニオ猪木に、「全米プロ空手世界ヘビー級王者」という触れ込みで挑戦状を叩きつけ、1977年8月2日に日本武道館で試合が実現した。結果はパワーボムからのギロチンドロップでKO負けとなった。

1978年4月にフィラデルフィアで坂口征二と対戦しKO勝ちをおさめた後、同年6月に猪木とリベンジマッチに臨んだが返り討ちにあってしまった。
引用元:ザ・モンスターマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

チャック・ウェプナー(Chuck Wepner、1939年2月26日 – )は、アメリカ合衆国の元ヘビー級プロボクサー。

アメリカプロボクシング界では少数派のホワイトホープ・白人ボクサーであり、映画『ロッキー』の主人公 ロッキー・バルボアのモデルになったと言われている(ロッキー (映画)#概要参照)。

1977年10月25日、日本武道館でアントニオ猪木と格闘技世界一決定戦で対戦。オープンフィンガーグローブを着用した猪木とのパンチ勝負では何度もダウンを奪うも、最後は逆エビ固めで敗れた(6R 1分35秒)。
引用元:チャック・ウェプナー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%97%E3%83%8A%E3%83%BC

カール・ミルデンベルガー(Karl Mildenberger、1937年11月23日 – )は、ドイツの元プロボクサー。勇猛果敢なファイトで人気を博したファイター[要出典]で、最高位はWBC世界ヘビー級第3位。

引退から10年後の1978年11月9日、ドイツ人プロレスラーのローラン・ボックがプロモートしたフランクフルトでのプロレス興行において、アントニオ猪木と異種格闘技戦を行った。4ラウンドには猪木からダウンを奪うも、最後は逆エビ固めで敗れた。ルールは通常のボクシング・グローブを着用したまま行われた。アントニオ猪木対モハメド・アリをイメージしてのマッチメイクとされる[2]。
引用元:カール・ミルデンバーガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC

レオン・スピンクス(Leon Spinks、1953年7月11日 – )は、アメリカ合衆国の男性プロボクサー。元WBA・WBC統一世界ヘビー級王者。モントリオールオリンピック金メダリスト。

1986年10月9日、日本の両国国技館において、アントニオ猪木と異種格闘技戦を行い、体固めでフォール負け。1987年4月28日、名古屋(愛知県体育館)でIBF中部日本協会設立3周年を記念した興行でスピンクスはWBC全米大陸ヘビー級王座(第5代)の初防衛戦(12R)を行い、ジェフ・ジョーダン・同級8位(米国)を2-1の判定で下し初防衛に成功した[4]。
引用元:レオン・スピンクス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9

ショータ・チョチョシビリ(グルジア語:შოთა ჩოჩიშვილი、ロシア語:Шота Самсонович Чочишвили、Shota Samsonovich Chochishvili 1950年7月10日 – 2009年8月27日)は、ソ連のグルジア共和国・シダ・カルトリ出身の柔道家、格闘家である。身長190cm。体重110kg[1]。

1989年、ソビエト社会主義共和国連邦のペレストロイカ政策の一環としてスポーツ選手のプロ化が認められた際にはプロ格闘家に転向し、その年の4月24日に新日本プロレスに登場。アントニオ猪木と対戦し、5ラウンド1分20秒にチダオバ流裏投3連発でKO勝ちした。この試合は猪木が異種格闘技戦で敗れた唯一の試合である。
引用元:ショータ・チョチョシビリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%AA