シント・トロイデン


2018年7月にサッカー
日本代表のDF遠藤航が
浦和レッズから移籍した
ベルギーのクラブは?
トデロトンシ・ンイ
シント・トロイデン(答)
0%

シント=トロイデンVV (オランダ語: Koninklijke Sint-Truidense Voetbal Vereniging) は、ベルギー・リンブルフ州シント=トロイデンを本拠地とするサッカークラブである。現在はベルギー・プロ・リーグ (1部) に所属している。

2017年11月15日、日本のECサイトを運営するDMMグループが経営権を取得したことを発表した。[1]

2018年1月、アビスパ福岡からDF冨安健洋を獲得。

2018年7月、福岡のゲーム会社・レベルファイブがオフィシャルスポンサー契約。ユニフォームスポンサーとして右鎖骨に同社のサッカーゲームである「イナズマイレブン」ロゴを掲出[2]。
引用元:シント=トロイデンVV – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%9D%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3VV

遠藤 航(えんどう わたる、1993年2月9日 – )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。日本代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。

クラブ1
年 クラブ 出場 (得点)
2010-2015 日本の旗 湘南ベルマーレ 158 (23)
2016-2018 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 73 (5)
2018- ベルギーの旗 シント=トロイデン

浦和レッドダイヤモンズ
2015年12月23日、浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍することを発表した[7]。2016年2月24日、AFCチャンピオンズリーグ2016第1節のシドニーFC戦では途中出場して浦和デビューを飾る。2月27日、柏レイソルとの開幕戦で初先発を飾る。10月15日、Jリーグカップ決勝のガンバ大阪戦ではPK戦となったが、5人目のキッカーとして成功し優勝を果たした。2017年4月1日、第5節のヴィッセル神戸戦で移籍後初得点を決めた。

シント=トロイデンVV
2018年7月21日、翌22日のセレッソ大阪戦を最後に浦和を退団し、ジュピラー・プロ・リーグ1部のシント=トロイデンVVへ完全移籍することがクラブを通じて発表された[8]。
引用元:遠藤航 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA