【日本一】川上哲治【最多勝】鶴岡一人


日本のプロ野球で
監督としてもっとも多く
日本一に輝いているのは
鶴岡一人である
×(答)
◯川上哲治
77%

川上 哲治(かわかみ てつはる(現役時代は「てつじ」)、1920年3月23日 – 2013年10月28日[1])は、熊本県球磨郡大村(現・人吉市)出身のプロ野球選手・監督、野球解説者。

現役時代より、その卓越した打撃技術から「打撃の神様」の異名を取り、日本プロ野球史上初の2000安打を達成した。戦時中から戦後におけるプロ野球界のスターとして活躍。終戦直後は「赤バット」を使用してこれが彼のトレードマークとなり、「青バット」を使用した大下弘と共に鮮烈な印象を与えた。また、青田昇や千葉茂と共に第一次巨人黄金時代の打の中心選手でもあった。監督としてもアル・キャンパニスによって定型化された『ドジャースの戦法』の実践を目指し[2]、王貞治・長嶋茂雄らを率いて読売ジャイアンツの黄金時代を築き上げ、プロ野球史上唯一の「V9」(9年連続セ・リーグ優勝・日本一)を達成するなど多大なる功績を残し、「プロ野球界の生き神様」とまで呼ばれる伝説的な存在となった[3]。引退後は、少年野球教室を開くなど、普及に努めた。愛称は「打撃の神様」「哲」「ドン川上」、長年世田谷区野沢に居住したことから「野沢のおやじさん」とも呼ばれていた。血液型はA型。 妻は元宝塚歌劇団娘役の代々木ゆかり(在団1936年 – 1944年)、ノンフィクション作家の川上貴光は長男。

日本シリーズ優勝11回は歴代最多。14年連続同一チーム監督は歴代2位タイ(他にダイエー-ソフトバンクの王貞治。歴代1位は南海・鶴岡一人の23年)。
引用元:川上哲治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E5%93%B2%E6%B2%BB

鶴岡 一人(つるおか かずと(かずんど)、1916年7月27日 – 2000年3月7日)は、広島県呉市東二河通(現:西中央)出身[1] のプロ野球選手(内野手)・監督、野球解説者。1946年から1958年までは「山本 一人(やまもと かずと)[2]」。

愛称は鶴岡親分・ツルさん。初代「ミスターホークス」「ドン鶴岡」とも呼ばれた。南海ホークスの黄金時代を築いた名監督で、日本プロ野球史を代表する指導者の一人。

一軍監督として通算1773勝を挙げ、プロ野球史上最多勝監督[3]としても知られる。また、勝率.609は歴代監督の中でも唯一の6割超えである。
引用元:鶴岡一人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E5%B2%A1%E4%B8%80%E4%BA%BA