エカテリーナ・「サボー」


1984年ロサンゼルス五輪の女子
体操3種目で金メダル、個人総合
で銀メダルを獲得したルーマニア
の選手はエカテリーナ・◯◯◯?
スクテ
バルナ
ササト
サボー(答)
35%
Ecaterina Szabo

エカテリーナ・サボー(Ecaterina Szabo、1967年1月22日 – )は、ルーマニアの女子体操選手。1984年ロサンゼルスオリンピックの金メダリストである。ハンガリー系ルーマニア人。トランシルヴァニア地方コヴァスナ県ザゴン出身。

略歴
サボーは、ルーマニア代表の女子体操選手として、オリンピック、世界選手権で数多くのタイトルを獲得。特にその活躍が語られているのが、1984年ロサンゼルスオリンピックで団体総合の金メダルと、出場した3つの種目別での金メダル。そして、アメリカのメアリー・ルー・レットンと競いあった個人総合での銀メダルも有名である。
引用元:エカテリーナ・サボー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%9C%E3%83%BC

2012年7月9日放送 2:40 – 3:10 NHK総合
ヒーローたちのオリンピック 美しき女たち~体操女子~
アメリカへ亡命したカロリーコーチは、メアリー・ルー・レットンと出会った。コマネチに憧れたレットン。筋肉質な体型で、オリンピックに出られると思っていなかったという。カロリーコーチはレットンに跳躍に繋がる走り込みの練習を主にやらせていた。
練習の成果は、名古屋で行われた中日カップで見られた。全速力の助走からダイナミックな技を繰り出した。この時、カロリーコーチは大きな手応えを感じたという。
1984年ロサンゼルス五輪。レットンはルーマニアのエカテリーナ・サボーと世紀の対決を繰り広げた。サボーは、カロリーコーチが5歳の時から指導していた選手だった。会場にはコマネチの姿もあった。
最後の跳馬でレットンが9.95点ならばサボーと同点の金メダル。10.00でレットン単独の金メダルという場面になった。この時カロリーコーチは「10.00じゃないとダメ。それ以外は何もないのと同じ。パーフェクトを取れ。」とレットンに話したという。その言葉に火を付けられ、レットンは見事に着地を決め10.00点、金メダルを獲得した。
引用元:エカテリーナ・サボー | ロス五輪への道 レットン | ヒーローたちのオリンピック | TVでた蔵 https://datazoo.jp/w/%E3%82%A8%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%9C%E3%83%BC/11212188

メアリー・ルー・レットン(Mary Lou Retton、1968年1月24日 – )は、アメリカ合衆国の元女子体操選手。オリンピックの女子体操競技において、個人総合タイトルを東ヨーロッパ以外の選手が獲得したのは彼女が初めてであった。

1984年にアメリカン・カップに連覇し、全米選手権と全米オリンピック選考会も制した後、レットンは手術を余儀なくされる負傷をひざに負った。しかし1984年のロサンゼルスオリンピックまでには回復し、間に合わせる事ができた。大会(ルーマニアを除くソビエト圏の国によりボイコットされた)では、全米の観衆の期待の前でレットンは個人総合タイトルでルーマニアのエカテリーナ・サボーと接戦を演じた。段違い平行棒と平均台で遅れを取りサボーを追うレットンは、続くゆかと跳馬で満点の10点を叩き出し、僅か0.05ポイントの差でタイトルを勝ち取った。このオリンピックでレットンは更に4個のメダルを獲得した。団体総合と跳馬の銀、及びゆかと段違い平行棒の銅である。この活躍により、彼女はスポーツ・イラストレイテッド誌より「スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー」の称号を授けられた。彼女はウィーティーズのパッケージに登場し、このシリアル食品の初の公式スポークスウーマンになった。彼女の小柄な体格(身長146cm[1])はSPORT誌でジョークのネタにされた。曰く「彼女の実物大の写真はウィーティーズの箱で見る事ができます。」
引用元:メアリー・ルー・レットン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3