ジュゼッペ・メアッツァ


1929-1930シーズンに
セリエAの初代得点王となった
イタリアのサッカー選手は
シルビオ・ピオラである
×(答)
◯ジュゼッペ・メアッツァ
51%

歴代の名選手
ジュゼッペ・メアッツァ:現在のインテルに所属していた、初代サッカーセリエA得点王。その功績を讃えてインテルのホームスタジアムは、ジュゼッペ・メアッツァと呼ばれている。

ミシェル・プラティニ:かの大皇帝・ナポレオンになぞらえて、将軍と呼ばれたフランスサッカーの中でも、屈指のファンタジスタ。MFでありながら、リーグ得点王に輝くなどそのプレーは今でも語り草。

マルコ・ファン・バステン:90年代のACミランにおいて、ルート・フリット、フランク・ライカールトと共にオランダトリオとして、伝説的な活躍をした。

ロベルト・バッジョ:今も至高のファンタジスタとの呼び声の高い、ポニーテールと口周りのヒゲがトレードマークのイタリア人。数少ない、インテル・ACミラン・ユベントスのイタリア3大名門クラブに全て所属経験のある選手。

パオロ・マルディーニ:高額の移籍金が発生する昨今のサッカー界において、数少ない単一クラブで選手生活を全うした、ACミランの生ける象徴。現役時代での背番号は現在欠番扱いだが、下部組織に所属する息子がプロデビューする際に、受け継がれることが内定している。
引用元:セリエA (せりえあー)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%82%A8A

ジュゼッペ・メアッツァ(Giuseppe Meazza、イタリア語発音: [d͡ʒuˈzɛppe meˈatt͡sa]、1910年8月23日 – 1979年8月21日)は、イタリア・ミラノ出身のサッカー選手。愛称は“ペッピーノ(Peppino)”[1]、“バリッラ(il Balilla)”。ポジションはフォワード(ツーバック・システムにおけるインサイド・レフト/ライト)。

20世紀前半のイタリア・セリエAで活躍し、インテル、ACミラン、ユヴェントスのイタリア3大チームを渡り歩いた稀有な選手の一人[2]。特にメアッツァ自身がプロデビューを果たしたインテルでは、同チームの第一期黄金時代の中心的役割を担い、1927年から1940年に渡る最初の在籍13シーズン中、3回の得点王を獲得して2回の優勝[3]と1回のコッパ・イタリア制覇に貢献した。

またイタリア代表としても1934年と1938年のワールドカップ連覇を果たしたアッズーリの主力だった事から、イタリア史上最高の選手(もしくはイタリア史上最高のストライカー)として現在も語り継がれる伝説的選手であり、インテルとACミランのホームであるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァにその名を残している。
引用元:ジュゼッペ・メアッツァ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1

シルヴィオ・ピオラ(Silvio Piola、1913年9月29日 – 1996年10月4日)は、イタリア出身の元同国代表サッカー選手。パワー、スタミナ、スピード、空中戦の強さ、得点感覚の鋭さといったストライカーに必要なものを全て兼ね備えたイタリアサッカー史上最高のFWの一人。

経歴
1938年のフランスW杯では5ゴールを挙げ、チームを優勝に導いた。また1試合で6得点を挙げ、現在もセリエAの1試合最多得点記録として破られていない。セリエA通算274得点は歴代トップ(全国統一リーグになる前も含めると290得点)、イタリア代表通算30得点は歴代3位。キャリア通算364得点もイタリア人1位である。
引用元:シルヴィオ・ピオラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%A9