【VAR】グリーズマン

2018年のロシアW杯で
サッカーW杯史上初めて
VAR判定でPKとなったのは
フランスの誰に対するファウル?
デンベレ

グリーズマン(答)
ムバッペ
ジルー
45%


2018年のロシアW杯で
サッカーW杯史上初めて
VAR判定でPKとなったのは
フランスの誰に対するファイル?
グリーズマン(答)
ジルー
ムバッペ
カンテ
21%


サッカーW杯でが2018年大会から
導入された、重要な場面において
主審が別室のビデオ判定を用いて
ジャッジをする制度を何という?
TRAE
MOVC
VRA(答)
52%
Video Assistant Referee


2011年よりJリーグ・J1にも導入された、国際サッカー連盟の子会社が運営する八百長試合を防止するためのシステムは?
EWS(答)
Early Warning System

文字パネル
1996年にイングランドで開発された、サッカー選手のプレーを数値化して分析するシステムをアルファベットで何という?
opta(答)
Optimization and its Applications

フランス・グリーズマン、VAR判定のPK決める/W杯

 ロシアワールドカップ決勝(15日=日本時間16日、フランス-クロアチア、モスクワ)フランスはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるPKで勝ち越し点を奪った。グリーズマンの右CKが相手の手に当たってゴールラインを割り、主審が映像を確認した上で、PKと判定された。数分の中断後、そのPKをグリーズマンが冷静に決め、踊りながらチームメートと喜びを表した。
引用元:フランス・グリーズマン、VAR判定のPK決める/W杯 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ) http://www.sanspo.com/soccer/news/20180716/wor18071601140005-n1.html

現在ルール導入されているのはホークアイなどを用いた機械判定であるゴール・ライン・テクノロジー(GLT)、ビデオ判定のためのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)制度が存在する。GLTはジー・エル・ティーと発音されることはほとんど無いが、VARは公式にもヴイ・エー・アールと発音される。VARはVAR制度において主要な役割を果たすビデオ審判員だが、日本では「VAR」というアルファベットの並び自体が「VAR制度」、「ビデオ判定」と同じ意味で誤って使用されることが多い(例:「VAR判定」、「VAR審判」、「VAR発動」、「VARが故障」など)。特にオン・フィールド・レビューがVARという名前の行為として誤認されている場合が多く、「VARを使用」や「VARを適用」など、どの作業を指しているのか不明確な表現がメディアで多用されることで混乱を招いている。各国では英語でのVideo Assistant Referee(VAR)の名称の他、それぞれの言語で「ビデオ審判」、「ビデオ副審」を指す名称が用いられる場合も多い。ドイツではVideo Assistant(VA)の名称が主に用いられている。
引用元:サッカーの審判補助システム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AF%A9%E5%88%A4%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0