ボブスレー


モナコ公国の元首・
アルベール2世が五輪に
5度出場した競技は?
ボブスレー(答)
アイスホッケー
ヨット
水泳
21%

052xoRtkfn
2013年7月、ベルギーで史上
初めて自らの意志で退位した
国王は◯◯◯◯◯2世?
レィリワン
フルドップ
アオベルド
アルベール(答)
「アルベール2世」
引用元:「アルベール」2世 ベルギー史上自ら退位した国王 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/21120/?preview_id=21120&preview_nonce=c2d12e6f25&_thumbnail_id=21121&preview=true

アルベール2世(Albert II de Monaco、1958年3月14日 – )は、モナコ公国の大公(在位2005年7月12日 – )。父はレーニエ3世、母はハリウッド女優であったグレース・ケリーである。2005年3月31日、摂政に就任し、2005年4月6日にレーニエ3世が薨去したため、同年7月12日即位式が行われた。

人物
1977年アマースト大学に入学し、政治学、経済学、音楽、英文学を専攻。1981年卒業。学生時代からスポーツにも熱心で、自らもスポーツマンで冬季オリンピック大会に5回ボブスレー選手として出場している(自身は現在IOC委員)。柔道では初段。また、近年までモンテカルロで開催されていた国際音楽賞ワールド・ミュージック・アワードは1989年に当時大公世子であったアルベール2世の後援により創設された賞である。
引用元:アルベール2世 (モナコ大公) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB2%E4%B8%96_(%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%82%B3%E5%A4%A7%E5%85%AC)

アルベール2世(フランス語: Albert II、1934年6月6日 – )は、第6代ベルギー国王(在位:1993年8月9日 – 2013年7月21日)。

全名はアルベール・フェリックス・アンベール・テオドール・クリスチャン・ウジェーヌ・マリー・ド・ベルジック(フランス語: Albert Félix Humbert Théodore Christian Eugène Marie de Belgique、オランダ語: Albert Felix Humbert Theodoor Christiaan Eugène Marie van België、ドイツ語: Albert Felix Humbert Theodor Christian Eugen Maria von Belgien)。

妃はイタリアのルッフォ・ディ・カラブリア公爵フルコ8世の娘であるパオラ・ルッフォ・ディ・カラブリア。姉に前ルクセンブルク大公ジャンの妃ジョゼフィーヌ=シャルロット、兄に第5代国王ボードゥアン1世がいる。

譲位
2013年7月3日、国民向けのテレビ演説において、高齢や健康状態を理由に退位する意向を表明[1]、建国記念日である同月21日に、長男のブラバント公フィリップに譲位した[2]。退位後も「ベルギー国王アルベール2世陛下」の称号と尊称は維持される。

生前に退位を行ったベルギー王は、1951年に退位したレオポルド3世に次いで2人目である[3]。
引用元:アルベール2世 (ベルギー王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB2%E4%B8%96_(%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E7%8E%8B)