早稲田大学、法政大学


次のうち、東京六大学野球リーグ
で、40回以上優勝している大学を
1つ選びなさい
明治大学
慶應義塾大学
法政大学(答)
東京大学
早稲田大学(答)
立教大学
56%

優勝回数 最近の優勝
早大 45回 平成27年秋
法大 44回 平成24年秋
明大 39回 平成28年秋
慶大 36回 平成30年春
立大 13回 平成29年春
東大 0回  
引用元:一般財団法人 東京六大学野球連盟 http://www.big6.gr.jp/system/prog/record.php?kind=record_champion

一般財団法人東京六大学野球連盟(とうきょうろくだいがくやきゅうれんめい、英語表記:TOKYO BIG6 BASEBALL LEAGUE)は、東京を所在地とした6校の大学の硬式野球部で構成された、現存している中では最も長い歴史がある大学野球リーグである。創設当初は他の野球団体からは独立した組織であったが、現在は全日本大学野球連盟傘下となっている。

プロ野球人気が高まりを見せるまで長く日本の野球人気の中心的存在であり、土日に神宮球場で開催されることもあって大学野球連盟の中では平均入場者数が最も多い。プロ・アマチュア球界へも多数の人材を送り出してきた。

試合会場
週末を中心に、すべて神宮球場のみで行なわれる。

東京六大学野球連盟は神宮球場の建設時に協力をし、また1931年の神宮球場の拡張の際に工費を負担した経緯から、球場の使用割り当てを決定する上で最優先の配慮を受けており、リーグ戦開催時期はリーグ戦終了後に行なわれる新人戦まで含めて、土曜日・日曜日は勿論、平日も月曜日~水曜日までの日中は東京六大学野球連盟が優先的に神宮球場を使用して試合を開催する[9]。水曜日までかけても(2勝先勝の)決着がつかない場合は、翌週以降の平日に(ただし、翌週の予定カードの決着を優先して)対戦が繰り越される。

試合日程がプロ野球の試合と重なる場合は併用日と称しており、試合開始時間を早めるほか延長戦は行わず引き分けとしている。プロ野球の開始時刻に配慮してのものだが、こうした規定があっても六大学の試合が長引いてプロの試合開始が遅れることがごく稀にある。
引用元:東京六大学野球連盟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%85%AD%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%87%8E%E7%90%83%E9%80%A3%E7%9B%9F