ゲイロード・ペリー


大リーグで史上初めて
両リーグでサイ・ヤング賞を
受賞した投手は
スティーブ・カールトンである
×(答)
◯ゲイロード・ペリー
55%

サイ・ヤング賞(サイ・ヤングしょう、Cy Young Award)は、メジャーリーグベースボールの賞のひとつ。ナショナルリーグとアメリカンリーグのそれぞれから、その年に最も活躍した投手1人ずつが選出される。

概要
通算勝利・通算敗戦・通算先発・通算投球回など数々のメジャー記録を保持している、球史に残る大投手で1955年に死去したサイ・ヤングの名誉を称え翌1956年に制定された。最初は両リーグのうちから1人だけが選ばれていたが、1967年から両リーグからそれぞれ1人ずつという現在の形式になった。

選出方法は、全米野球記者協会所属の記者28人による投票で決まる。記者が、1位票(5点)、2位票(3点)、3位票(1点)の3種類の票を投票し、その合計獲得点の最も高い選手が受賞者となる。

歴代最多受賞は、ロジャー・クレメンスの7回。連続受賞記録はグレッグ・マダックスとランディ・ジョンソンの4年連続である。

日本プロ野球にも、その年の最も優れた投手に贈られる賞として沢村栄治賞(沢村賞)がある。ただし、サイ・ヤング賞はリリーフ投手も受賞対象だが、沢村賞は先発投手限定である。沢村賞はサイ・ヤング賞を真似て作られた賞とする文献も存在するが[1]、沢村賞が制定されたのは1947年であり、その歴史はサイ・ヤング賞(1956年制定)より古い。
引用元:サイ・ヤング賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%B3%9E

ゲイロード・ジャクソン・ペリー(Gaylord Jackson Perry, 1938年9月15日 – )は、MLBの元選手。ポジションは投手。アメリカ合衆国ノースカロライナ州ウィリアムストン出身。右投げ右打ち。

3歳上の実兄ジム・ペリーも元投手。

1978年1月25日に1選手プラス12万5千ドルとの交換トレードでサンディエゴ・パドレスに移籍。同年は9月に6勝を記録し、10月1日のロサンゼルス・ドジャース戦ではウォルター・ジョンソン、ギブソンに次ぐ史上3人目の通算3000奪三振を達成するなど、後半戦で12勝2敗・防御率2.36を記録[22]。21勝6敗・防御率2.73の成績で3度目の最多勝利を獲得し、2度目のサイ・ヤング賞を受賞。両リーグでの受賞は史上初だった
引用元:ゲイロード・ペリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%BC

シャーザーは34試合に登板して20勝7敗、防御率2・96。最多勝と最多奪三振(284)の2冠に輝き、5月11日の古巣タイガース戦では9イニングでは史上最多タイの20奪三振という快投を見せた。両リーグでの受賞は史上6人目。過去にはロジャー・クレメンス、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、ゲイロード・ペリー、そしてロイ・ハラデーがいる。
引用元:大リーグ サイ・ヤング賞にシャーザー 史上6人目の両リーグ受賞― スポニチ Sponichi Annex 野球 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/17/kiji/K20161117013740290.html