荘則棟


1970年代の「米中ピンポン外交」
のきっかけを作った、1960年代
に世界選手権男子シングルスを
3連覇した中国の卓球選手は?
則棟荘
荘則棟(答)
23%

荘則棟(そうそくとう、ツァンヅートン、1940年8月7日 – 2013年2月10日)は、中国江蘇省揚州市出身[1]の元卓球選手。世界卓球選手権のシングルスで1961年から1965年まで3連覇を果たした。文化大革命の影響でその後2大会中国は参加できなかったが1971年の名古屋大会で国際大会に復帰、この時のアメリカ人選手との交流が米中関係改善のきっかけとなった。その後、国家体育運動委員会主任(スポーツ大臣)に就任したが四人組逮捕に伴い失脚し妻子にも去られた。4年間の投獄を経て山西省の卓球コーチとなり世界選手権で銅メダルを獲得した管建華を育て上げた。
引用元:荘則棟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%98%E5%89%87%E6%A3%9F