【皐月賞】エポカドーロ【高松宮記念】ファインニードル


次のJRAのG1レースと
2018年の優勝馬の
正しい組み合わせを選びなさい
皐月賞───エポカドーロ
高松宮記念───ファインニードル
フェブラリーステークス───ノンコノユメ
32%

エポカドーロ (伊: Epoca d’Oro[1])は日本の競走馬。主な勝ち鞍は2018年の皐月賞[1][2]。馬名はイタリア語で「黄金の時代」[3]。

この年の牡馬クラシックで本命視されていたダノンプレミアム[注 3]の回避で混戦模様となった[14]皐月賞 (GI)では、7番人気と伏兵の扱いであったが、先行する3頭から離れた4番手を追走すると、最後の直線で抜け出し、追い上げてきたサンリヴァルに2馬身差をつけてGI初制覇を飾った[15]。鞍上の戸崎やオルフェーヴル産駒にとってはこれがクラシック初勝利となり馬主の㈱ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンにとってもクラシック初勝利であった[15]。 続く東京優駿 (日本ダービー)では、そのダノンプレミアムや、ブラストワンピースといった皐月賞不出走組が人気を背負う中、本馬は皐月賞馬ながら4番人気であった。ダービーではスタート直後から先頭を奪うと4コーナーまでポジションをキープ。最後の直線でも粘りとおしてサニーブライアン以来21年ぶりの逃げ切りという偉業を果たそうとしたところを、皐月賞1番人気(7着)ながら5番人気に甘んじていたワグネリアンに差されて2着となった。
引用元:エポカドーロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AD

ファインニードルは、日本の競走馬である。2018年の高松宮記念に優勝した。

5歳
初戦のシルクロードステークスは道中好位追走から直線で鮮やかに抜け出して重賞2勝目を挙げる[1]。迎えた高松宮記念は中団に控え、直線で外から脚を伸ばすと早めに抜け出したレッツゴードンキをゴール前ハナ差でかわしてGI初制覇を果たした[2]。
引用元:ファインニードル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB

ノンコノユメは、日本の競走馬である。主な勝ち鞍は2015年のジャパンダートダービー、ユニコーンステークス、武蔵野ステークス、2018年の根岸ステークス、フェブラリーステークス。

6歳(2018年)
2月18日に行われたフェブラリーステークス(東京競馬場)に前走根岸ステークスを制した時のコンビ、内田博幸鞍上でJRAのGI競走初勝利を飾った。
引用元:ノンコノユメ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%A6%E3%83%A1