青木宣篤、青木拓磨、青木治親


次のオートバイレースで
有名な青木三兄弟を
年齢が高い順に選びなさい
青木宣篤
青木拓磨
青木治親
24%

青木三兄弟(あおき さんきょうだい)とは、1990年代に世界的活躍をした群馬県北群馬郡子持村(現在の渋川市)出身の兄弟モーターサイクル・ロードレースライダー。

長男・青木宣篤(あおき・のぶあつ、1971年8月31日-)、次男・青木拓磨(あおき・たくま、1974年2月24日-)、三男・青木治親(あおき・はるちか、1976年3月28日-)の3名を指す。
引用元:青木三兄弟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E4%B8%89%E5%85%84%E5%BC%9F

青木 宣篤(あおき のぶあつ、1971年8月31日-)は、群馬県北群馬郡子持村(現在の渋川市)出身のオートバイ・ロードレースライダー。青木拓磨・青木治親は弟。

子供時代にポケバイを経験して、トップライダーにまで育った日本人ライダーとしては最古参。1989年史上最年少で国際A級に特別昇格。1997年ロードレース世界選手権GP500ルーキーオブザイヤー獲得。1998年にスズキグランプリチームのエースライダーとなる。

1997年にはフジテレビF1ハンガリーGP中継のゲスト解説者として出演、畑違いではあるが、レーサーならではの視点から語る解説と面白みのあるキャラが視聴者に好評であった。レース中は、終始親友である中野信治を気にしていた。因みに中野は、シューマッハ兄弟とやりあうなど好走を見せ6位入賞した。
引用元:青木宣篤 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%AE%A3%E7%AF%A4

青木 拓磨(あおき たくま、1974年2月24日 – )は、日本のオートバイ・ロードレースライダー、現在はプロレーサー。吉本興業所属。「青木三兄弟」の次男として知られる。

現在はレーシングドライバーとして、ダカールラリーやGTアジアに参戦するなどレースに出場し「優勝」することを目標に挑戦されている。また、未来を担う青年やハンディをもつすべての人に、「夢をあきらめない、挑戦し続けることの素晴らしさを伝えるべく、笑顔と勇気を届けるため、全国各地で講演会や訴求活動をしている。
引用元:青木拓磨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E6%8B%93%E7%A3%A8

青木 治親(あおき はるちか、1976年3月28日 – )は、群馬県子持村(現渋川市)出身のオートレース選手(川口オートレース場所属)。元ロードレースライダーで1995年・1996年のロードレース世界選手権(WGP)125ccクラスチャンピオン。

兄の青木宣篤(長男)、青木拓磨(次男)もロードレースライダーとして活躍し、治親を含めた三人は「青木三兄弟」として有名な存在である。
引用元:青木治親 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E6%B2%BB%E8%A6%AA