ストローマン


2017年の第4回WBCで大会
MVPを受賞した大リーガー
ストローマン(答)
66%
Marcus Stroman

マーカス・アール・ストローマン(Marcus Earl Stroman, 1991年5月1日 – )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州サフォーク郡メドフォード(英語版)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は、MLBのトロント・ブルージェイズに所属。愛称はストロ・ショー[1]。

2017年開幕前の2月9日に第4回WBCのアメリカ合衆国代表に選出された[12]。自身が出場権を保持していたプエルトリコとの決勝戦に先発登板して6回まで無安打、7回に先頭打者に初ヒットを許し降板したが、無失点で勝利投手となり[13]、大会MVP[14]、大会最優秀投手賞を受賞した[15]。

シーズンでは4月25日のセントルイス・カージナルス戦でメジャー初安打を記録した[16]。5月18日のアトランタ・ブレーブス戦にてMLB初本塁打を記録した[17]。33試合に先発して2年連続200イニングを投げ、ルーキーイヤー以来の二桁勝利かつチーム最多の勝ち星となる13勝を挙げ防御率3.09と、地区最下位に低迷したチームの中で奮闘を見せた。
引用元:マーカス・ストローマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、米国がプエルトリコに8-0で快勝。大会MVPには、この試合で7回途中1安打無失点と快投した米国の先発マーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)が選出された。6回まではプエルトリコ打線を無安打に抑える快投。一世一代の快投劇に、今大会に出場しなかったメジャーリーガーから絶賛の嵐が巻き起こっている。
引用元:MVPストローマンにメジャーリーガーから絶賛の嵐「素晴らしい!」「偉大!」 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト― https://full-count.jp/2017/03/24/post62583/