プルシェンコ


ロシアのフィギュアスケート選手
ソルトレイクシティ五輪で2位
バンクーバー五輪で2位
トリノ五輪で金メダルを獲得
アレクセイ・ウルマノフ
エフゲニー・プルシェンコ(答)
エヴァン・ライサチェク
ステファン・ランビエール
85%


次の冬季五輪と
その大会のフュギュアスケート・
男子シングルで優勝した選手の
正しい組み合わせを選びなさい
トリノ五輪───エフゲニー・プルシェンコ
バンクーバー五輪───エヴァン・ライサチェク
ソルトレイクシティ五輪───アレクセイ・ヤグディン
引用元:ソルトレイクシティ「ヤグディン」トリノ「プルシェンコ」バンクーバー「ライサチェク」 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/34996/

エフゲニー・ヴィクトロヴィチ・プルシェンコ(ロシア語: Евге́ний Ви́кторович Плю́щенко Ru-Evgeni Viktorovich Plushenko.ogg 発音[ヘルプ/ファイル] [注 1] 英語: Evgeni Viktorovich Plushenko、 ロシア語ラテン翻字: Yevgeniy Viktorovich Plyushchenko、1982年11月3日 – )は、ロシアの男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年トリノオリンピック金メダリスト。2002年ソルトレークシティオリンピック及び2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。2014年ソチオリンピック団体戦金メダリスト。世界選手権優勝3回、欧州選手権優勝7回、グランプリファイナル優勝4回。グランプリシリーズ通算22勝。ロシア連邦功労スポーツマスター。ロシア人名愛称ではジェーニャ(Женя)。名字はPLUSHENKOの他にPLYUSHCHENKOと表記されることもあり、オリンピックの際にはどちらも使われている。旧採点、新採点の両方でオリンピックメダルを手に入れた唯一の男子フィギュアスケート選手である。

トリノ五輪(2002 – 2006年)まで

2005年ロシア選手権のプルシェンコ
2003年に常に表彰台の1位と2位を争っていたライバルのヤグディンが引退すると、2003年世界選手権、2004年世界選手権を2連覇。独走態勢に入る。ただし2003年のグランプリファイナルでは、当時のルール下は2回までと決められていたコンビネーションジャンプを3回飛ぶという回数制限違反を犯し、まさかの準優勝となった。

2003年夏に出演した日本のアイスショーで氷の溝にはまり半月板を損傷して以来、故障に悩まされてきたが、自国開催の2005年世界選手権では、ショートプログラムを終えた後かねてより痛めていた股関節の状態も悪化したため棄権。その後ドイツで鼠径ヘルニアの手術を受ける。これ以後、デビュー以来プルシェンコのトレードマークとなっていたビールマンスピンは封印された。

万全とは言えない体調で迎えた2006年のトリノオリンピックでは、ショートプログラムで90点台をマークし、2位に10点以上の差をつけ首位に立った。フリースケーティングでも4回転トウループ – 3回転トウループ – 2回転ループを始めとする殆どの技を成功させ、出場選手の中でただ一人160点台をマーク。総合得点で2位に30点近い大差をつけるなど、圧倒的な実力で金メダルを獲得した。
引用元:エフゲニー・プルシェンコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B3