おおつきつよし


その強面から「組長」と呼ばれた
2018年4月に浦和レッズで
暫定監督を務めた人物は◯◯毅?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
おおつき(答)
7%
おおつきつよし

大槻 毅(おおつき つよし、1972年12月1日 – )は、宮城県仙台市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現浦和レッズヘッドコーチ。

2018年4月2日、トップチームを率いていた堀孝史が成績不振により契約解除されたことに伴い、暫定的にトップチーム監督に就任した[4]。シーズン開幕後リーグ戦の勝利がない(2分3敗)状況に、大槻はメンタルの部分での立て直しに注力。就任直後のルヴァンカップグループステージ第3節・サンフレッチェ広島戦で直近のリーグ戦からスタメンを総入れ替えしスコアレスドローに持ち込むと、リーグ戦第6節・ベガルタ仙台からは前々任のミハイロ・ペトロヴィッチ時代に採用していた3バックに戻してリーグ戦3連勝を果たし、チームを復調に導いた[5]。4月19日、後任の監督にオズワルド・オリヴェイラの就任が発表され、第9節・北海道コンサドーレ札幌戦を以て指揮を離れることとなった[6]。この間の公式戦での戦績は4勝2分(リーグ戦3勝1分・カップ戦1勝1分)で、就任中無敗でオリヴェイラに引き継ぐこととなった[7]。第9節終了翌日の4月22日、オリヴェイラ体制が発表され、大槻はヘッドコーチとしてトップチームに留任することとなった[8]。この人事の理由としてGMの中村修三は「チームを一番理解していて、オリヴェイラを全面的にサポートできる人材」である事、また大槻の前職が育成ダイレクターであったことから、「トップと育成の繋がりを強化したい」という狙いの為と語っている[9]。

浦和トップチーム監督時代には髪をオールバックにし、背広姿で強面の表情でポケットに手を突っ込みながらピッチ内を睨みつけ叱咤激励を繰り返す姿に、メディアやサポーターから「親分」[5]「組長」[1]「アウトレイジ」[7]などと称され、槙野智章も自身のInstagramで大槻のラストマッチとなる札幌戦の前に「アウトレイジ 最終章」などと煽っていた[12]。この風貌について大槻自身には「同じサッカーの仕事でもカテゴリーが違って、日本のトップのところでやるとなった時に、自分自身も一緒じゃダメだ、何かスイッチを入れなければ」との意図があったといい、その上で反響について「それ(風貌)が一人歩きしてしまって、これはどうなのかなと思っていますが」とやや困惑していた[13]。
引用元:大槻毅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E6%AF%85

[J1リーグ9節]浦和0-0札幌/4月21日/埼玉

 今節の札幌戦を最後にオズワルド・オリヴェイラ新監督にバトンを渡す大槻毅暫定監督が、フラッシュインタビューでスコアレスドローに終わった試合を振り返った。

「勝点3を取らせてあげることができなくて、非常に申し訳ないと思っています。選手は良くやってくれたし、トレーニングから積み上げてきたものを表現してくれた。勝点をあとふたつ上積みできたという気持ちが強いです」

 ホームでの引き分けをそう悔やんだ後、続けたのが次の言葉だ。

「埼玉スタジアムで勝点3を取れないことは非常に悔しい。次の、これからの試合でそういうところがみんなのパワーになってくれればいい。次につなげていってほしいと思っています」

 大槻暫定監督は、堀孝史前監督の解任を受けて4月2日に就任。以降、ルヴァンカップを含めた公式戦で4勝2分け(リーグ戦は3勝1分け)と無敗でチームを立て直した。その功績に、試合後のスタンドからは大きな拍手が降り注いだが、本人は勝利を届けられなかった無念さのほうが強かったようだ。

「浦和で仕事をさせてもらうことは誇りに思っている。今回トップチームの仕事をやらせていただいたのは名誉なこと。クラブに感謝している」とインタビューを締めくくった指揮官の浦和に対する想いは、これからも変わらない。陰に日向にクラブを支えていってくれることだろう。
引用元:公式戦無敗でバトンタッチ!浦和を立て直した大槻毅暫定監督のラストメッセージは… | サッカーダイジェストWeb http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=39189