ニブリック


ゴルフクラブ
「9番アイアン」の別名です
ニブリック(答)
46%

ガッタパルチャー・ボールの出現(19世紀中頃)によって 鉄製のクラブ、所謂、アイアンが多用されるようになったが、20世紀前半にスチール・シャフトが使われ始めるまでは ヒッコリー(木製)シャフトが使われ、クラブは 5番アイアン (5 Iron) とか 9番アイアン (9 Iron) のように 番号では呼ばず、マッシー (Mashie)、ニブリック (Niblick) など 名前で呼んでいた時があった。その呼び名が 今のような 数字ベースのものに変わっていったのは 1940年頃からのことである。

以下は そうした古いゴルフクラブの呼び名を 一覧表に纏めたものであるが、クラブのロフトは 今以上にセットにより異なっていたから、以下のような順に クラブのロフトが寝てくるだけで、正しくは 5番アイアンがマッシーとか 9番アイアンが二ブリックというように対応する訳ではないと言っても良いだろう。

番手 今の呼び名 昔の呼び名
1-W ドライバー プレー・クラブ (Play Club)
2-W – ブラッシー (Brassie)
3-W スプーン スプーン (Spoon)
X-W バッフィー/クリーク バッフィング・スプーン (Baffing Spoon)
1-I 1番 アイアン ドライビング・アイアン (Driving Iron)
2-I 2番 アイアン ミッド・アイアン (Mid Iron)/クリーク (Cleek)
3-I 3番 アイアン ミッド・マッシー (Mid Mashie)/サミー (Summy)
4-I 4番 アイアン マッシー・アイアン (Mashie Iron)/ジガー (Jigger)
5-I 5番 アイアン マッシー (Mashie)
6-I 6番 アイアン スペード (Spade)/スペード・マッシー (Spade Mashie)
7-I 7番 アイアン ベニー (Benny)
8-I 8番 アイアン マッシー・ニブリック (Mashie Niblick)
9-I 9番 アイアン ピッチング・ニブリック (Pitching Niblick)
10-I ピッチング ウェッジ ニブリック (Niblick)
引用元:昔の ゴルフクラブの呼び名 http://www.mamejiten.com/golf/dev/093.htm