安藤光彰



2003年に笠松競馬から中央競馬へ
移籍し旋風を巻き起こした、
「アンカツ」の愛称で親しまれた
競馬の元騎手は安藤勝己ですが

彼の兄で、「アンミツ」の愛称で
呼ばれた元騎手は?
且光三彰勝
藤己安阿東
安藤光彰(答)
67%

安藤 光彰(あんどう みつあき、1959年1月5日 – )は、日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンター所属の元騎手の調教助手。2007年2月までは笠松競馬場所属、同年3月から2009年1月までは美浦トレーニングセンター・菊川正達厩舎所属の騎手だった。笠松競馬所属時の勝負服の服色は胴紫、白山形一本輪、袖黄。愛知県一宮市出身。JRA騎手の安藤勝己は実弟、長男・安藤洋一は大井競馬場所属の騎手。また、JRA騎手の太宰啓介は娘婿(洋一の義理の兄)にあたる。

JRAの騎手免許試験を1次試験から受験し、2006年度の試験を突破し[2]、2007年3月1日からはJRAの騎手として騎乗した。移籍当初から栗東に所属した弟とは対照的に、美浦・菊川厩舎に所属した。

移籍当初、美浦所属とした理由は長男の洋一が公営・大井にて騎手になる修行をしていたためである。同様に、高齢になった家族の世話をする必要がでてきたという理由で、2009年2月から拠点を栗東に移した[3]。

2012年2月29日付で騎手を引退。同日の笠松競馬での交流競走が最終騎乗(2着[4])となり、レース後の引退セレモニーでは弟の勝己から花束の贈呈を受けている。

引退後は坪憲章厩舎にて調教助手を務めている。
引用元:安藤光彰 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E5%85%89%E5%BD%B0