ソニア・ヘニー、カタリナ・ビット


次のうち
冬季五輪のフィギュアスケート
女子シングルで連覇を達成した
選手を全て選びなさい
タラ・リピンスキー
クリスティ・ヤマグチ
ソニア・ヘニー(答)
キム・ヨナ
カタリナ・ビット(答)
34%

オリンピックのフィギュアスケート競技メダリスト一覧(オリンピックのフィギュアスケートきょうぎメダリストいちらん)は、1908年から2018年までのオリンピックフィギュアスケート競技におけるメダリストの一覧である。
引用元:オリンピックのフィギュアスケート競技・メダリスト一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%80%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E4%B8%80%E8%A6%A7

ソニア・ヘニー(Sonja Henie, 1912年4月8日 – 1969年10月12日)は、ノルウェーのオスロ出身の女性フィギュアスケート選手でのち女優。オリンピックで3度の優勝(1928年、1932年、1936年)、世界フィギュアスケート選手権で10度の優勝(1927年-1936年)、ヨーロッパフィギュアスケート選手権で6度の優勝(1931年-1936年)を果たした。1976年世界フィギュアスケート殿堂入り。

1936年のガルミッシュ=パルテンキルヒェンオリンピックで優勝し3連覇を達成した。冬季オリンピックにおける3連覇は、フィギュアスケート男子シングルのギリス・グラフストローム、同ペアのイリーナ・ロドニナ、ノルディック複合個人のウルリッヒ・ベーリンク、スピードスケート女子500メートルのボニー・ブレア、同女子5000メートルのクラウディア・ペヒシュタイン、リュージュ男子1人乗りのゲオルク・ハックル、そしてヘニーの7人だけである。
引用元:ソニア・ヘニー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%8B%E3%83%BC

カタリナ・ヴィット(Katarina Witt, 1965年12月3日 – )は、旧東ドイツシュターケン出身の女性元フィギュアスケート選手。1984年サラエボオリンピック及び1988年カルガリーオリンピック・女子シングル二大会連続金メダリスト。世界フィギュア選手権でも4回優勝、欧州選手権で1983年から1988年まで6年連続優勝している。また1994年リレハンメルオリンピックにもプロ選手として出場し、大きな話題となった。日本語では姓を「ビット」と表記している場合もある。
引用元:カタリナ・ヴィット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88