ボクシング・ビート


2009年からフィットネス
スポーツが発行している
月刊のボクシング専門誌は
「ボクシング・◯◯◯」?
ヒッスエ
グビトー
ビート(答)
32%

『ボクシング・ビート』(BOXING BEAT) は、株式会社MACC出版が制作し、株式会社フィットネススポーツが発行する月刊のボクシング専門誌である。毎月15日発売。

『ボクシング・ビート』時代
2009年7月発売の8月号からは発売元をフィットネススポーツに移し、『アイアンマン』増刊扱いで新たな専門誌 『ボクシング・ビート』として刊行されている[4]。舟木が「日本のナット・フライシャー(『リング』誌創刊者)」とも呼ぶ前田衷は[3]、過去には『ボクシング・マガジン』の初代編集長を務め、『ボクシング・ワールド』『ボクシング・ビート』の編集長を歴任した[1]。舟木によれば豊かな知識と情熱をもって質を高め、販売部数を大幅に伸ばし、また佐瀬稔に最も信頼されたボクシング編集者であったといい[3]、2010年には編集長を島篤史に交代したが[5]、現在も『ボクシング・ビート』の編集に携わっている。『ボクシング・ビート』は2011年3月号からデジタル版をスタートさせ、バックナンバーから最新号までオンライン購入できるようになっている。
引用元:ボクシング・ビート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88