プジョー、フォード、ホンダ


次のうち、エフワンの
マクラーレンチームが使用した
ことがあるエンジンを
1つ選びなさい
プジョー(答)
フォード(答)
ルノー
BMW
ヤマハ
ホンダ(答)
ランボルギーニ
フェラーリ
45%

マクラーレン・レーシング・リミテッド(McLaren Racing Limited)は、1963年にブルース・マクラーレンにより設立されたイギリスのレーシング・チーム。

F1ドライバー・ブルース・マクラーレンにより設立され、1966年よりF1に参戦し続けている。1970年にブルース・マクラーレンが事故で亡くなってからはテディ・メイヤーがチーム運営を引き継ぎ、1980年にロン・デニスが率いる「プロジェクト4」と合併した。

2017年シーズン終了時点で、グランプリにおける優勝回数、ドライバーズタイトル獲得回数、ともにフェラーリに次ぐ歴代2位、コンストラクターズタイトル獲得回数ではフェラーリとウィリアムズに次ぐ歴代3位の記録を持ち、F1を代表する名門チームの一角に数えられている。
引用元:マクラーレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3

マクラーレンは、ホンダが現在抱えている問題を解決できないと判断した場合に備え、メルセデスに対してパワーユニット供給の可能性について問い合わせたと『BBC』などが報じた。

マクラーレンは、過去にもエンジン契約を破棄している。1994年、マクラーレン・プジョーだ。この年、ミカ・ハッキネンは2年目。しかし、プジョー・エンジンの信頼性が低く、複数年契約をたった1年で打ち切っている。

マクラーレンは、プジョーと契約破棄した翌年の1995年からメルセデス・エンジンを搭載し、2009年末まで15年間はファクトリー・パートナーだった。その後、メルセデスが自前のチームを復活させたが、マクラーレンはカスタマーとしてさらに5年間、2014年までメルセデス・エンジンを使い続け、2015年までの契約を1年前倒しで解除し、マクラーレン・ホンダが復活した。
引用元:【マクラーレン】エンジン契約破棄の過去・・・メルセデス搭載でアロンソ引き止めに改革急ぐ – TopNews http://www.topnews.jp/2017/03/17/news/f1/155160.html

【9月16日 AFP】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するマクラーレン(McLaren)は15日、今季限りでホンダ(Honda)と手を切り、来季からルノー(Renault)のエンジン供給を受けると発表した。F1界のトップに返り咲くことを目指していた同チームは、日本のエンジンメーカーとのトラブル続きの関係に終止符を打つことになった。
引用元:マクラーレンがホンダとの提携解消、2018年からルノーエンジンを使用 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/3143160