ダリオ・フランキッティ


元妻は女優アシュレイ・ジャッド
スコットランド出身
07、10、12年にインディ500優勝
07、09、10、11年のIRL王者
トニー・カナーン
ダリオ・フランキッティ(答)
ダン・ウェルドン
スコット・ディクソン
33%


イングランド出身
2005年にIRLで王者に輝く 
2005、11年のインディ500で優勝
愛称は「ディフィカルト・ダン」
ダン・ウェルドン(答)

連想
ニュージーランド出身
チップ・ガナッシ・レーシング
2008年にインディ500優勝
2003、08、13年のIRL王者
スコット・ディクソン(答)

ジョージ・ダリオ・マリーノ・フランキッティ(George Dario Marino Franchitti[1][2]、1973年5月19日 – )は、スコットランド、エディンバラ出身のレーシングドライバー。インディカー・シリーズでは3年連続を含む4度のシリーズチャンピオン、インディ500では3度の優勝を獲得している。2013年に引退。2001年にアメリカの女優アシュレイ・ジャッドと結婚したが、2013年1月に離婚。現在はテネシー州在住。
引用元:ダリオ・フランキッティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3

ダニエル・クライヴ・ウェルドン(Daniel Clive “Dan” Wheldon, 1978年6月22日 – 2011年10月16日)は、イングランドのバッキンガムシャー出身のイギリス人レーシングドライバー。2005年のインディカー・シリーズのチャンピオンで、同年、および2011年のインディ500勝者。
引用元:ダン・ウェルドン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%B3

スコット・ロナルド・ディクソン MNZM(Scott Ronald Dixon, 1980年7月22日 – )は、ニュージーランドのレーシングドライバー。インディ・レーシング・リーグに参戦し、2009年8月にミッドオハイオ・スポーツカーコースで開催されたホンダ・インディ200で21勝目を挙げ、アメリカで最も成功したニュージーランド人ドライバーとなった[1]。インディカー参戦当初よりチップ・ガナッシ・レーシングに所属し、2003年、2008年、2013年、2015年と4度タイトルを獲得、2008年のインディ500ではポールポジションから優勝を遂げた[2]。
引用元:スコット・ディクソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3

アントワーニ・ヒズカラー・”トニー”・カナーン・フィーリョ(Antoine Rizkallah “Tony” Kanaan Filho, 1974年12月31日 – )は、アラブ系でブラジル・バイーア州サルヴァドール出身のカーレースドライバーである。

アメリカ合衆国のオープンホイールレースで活躍しており、2004年のインディカー・シリーズ(IRL)チャンピオンである。CART、IRLというアメリカの二つのオープンホイール選手権の双方でレース優勝の経験がある数少ないドライバーの一人でもある。
引用元:トニー・カナーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%B3