デリー・ディナモス


2014年8月に元イタリア代表の
FWアレッサンドロ・デルピエロ
が入団した、インド・スーパー
リーグ所属のサッカークラブは?
スナィ・デデーリモ
デリー・ディナモス(答)
22%

デリー・ディナモスFC(Delhi Dynamos Football Club)は、インド・デリーをホームタウンとする、インドプロサッカーリーグ(インド・スーパーリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。2014年10月から開始したインド・スーパーリーグサッカーのフランチャイズである。ケーブルTVの王手であるDENネットワークがオーナーを務めている。オランダ・エールディヴィジ・フェイエノールトと提携している。デリー・ダイナモスと表記されることもある。
引用元:デリー・ディナモスFC – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%82%B9FC

インディアン・スーパーリーグ(Indian Super League (ISL)、スポンサー名義でHero Indian Super League)は、インドのプロサッカーリーグ。Iリーグとは別組織。略称:ISL

概要
リライアンス・インダストリーズ社(石油やガス開発などの事業を手がける国内最大の企業)、 IMG社(世界でスポーツ事業を展開するアメリカの企業)、そしてスター・インディア社(インド最大のテレビ局)の3社と、AIFF(全インドサッカー連盟)によって2013年10月21日に創設された。最初のシーズンは2014年10月12日に開幕、12月20日に閉幕し、8チームが参加する[2]。後述するIリーグとの統合問題なども抱えながら、2017年シーズンには2チームが新たに参加し、10チームでの大会になり試合数も増加した。

インドではこれまでIリーグが存在した(スーパーリーグ発足後も引き続き存続)が、新リーグは2026 FIFAワールドカップにサッカーインド代表を出場させることを目標に、更なるサッカー文化改革の推進を目指して発足したものである。国際的なスポーツマン・芸能人のマネージメントを引き受けるIMGや、インド最大のエンターテインメント企業であるSTARとのタイアップを図ることで、国技であるクリケットに次ぐインド国民が熱狂するスポーツエンターテインメントの確立を目指している。そのため現地インド人の選手を育成するだけでなく、世界の主要リーグで活躍した選手を助っ人として参戦させることが構想されている。また参加クラブの本拠地もインドの全国主要8都市に置き「都市対抗」のスタイルを取り入れるとともに、地方に眠る若い才能の発掘にも力を入れている[要出典][3]。
引用元:インディアン・スーパーリーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0