かわしまひろし


WBC世界ジュニアバンダム級
王座を6度も防衛したボクサー
川島郭志
かわしまひろし(答)
32%

連想
1963年設立
所在地は東京都豊島区
柴田国明、ガッツ石松らを輩出
創立者は米倉健司
ヨネクラジム

連想
川島郭志
ガッツ石松
大橋秀行
柴田国明
ヨネクラジム(答)


1973年に柴田国明がWBA世界
J・ライト級王座を獲得した時の
対戦相手だったボクサーは?
ンロビフベア・ラ
ベン・ビラフロア(答)
Ben Villaflor

川島 郭志(かわしま ひろし、1970年3月27日 – )は、日本の元プロボクサー、現在はプロモーター。徳島県海部郡海陽町出身。元WBC世界スーパーフライ級王者(6度防衛)。

現在は東京都大田区北千束で川島ボクシングジムを開設し、後進の育成に力を注いでいる。

人物
デビュー当時、鬼塚勝也・ピューマ渡久地らとともに平成三羽烏と呼ばれて注目されたが、新人時代に挫折したことで他の二人に大きく遅れをとった。平成三羽烏の座も後発の辰吉丈一郎に奪われたが、クサること無く弱点を着実に克服した。

プロデビュー当初は米倉健司会長の方針によりプロ向きのインファイトに近いスタイルであったが(特にジムの先輩でもある大橋秀行にファイトスタイルは酷似していた)徐々にアウトボクサーとしてのスタイルを確立していった。 現役時代は日本プロボクシング史上屈指のテクニシャンとも称され、中でも”アンタッチャブル”(触らせない)と称された防御技術は世界的にも高い評価を得ていた。スリッピング・アウェーと呼ばれる防御技術を世間に認知させた人物である。また、普段の練習態度も極めて真面目で、”ボクサーの鑑”というべき存在でもあった(世界王座獲得後も電車でジム通いを続けていた)。
引用元:川島郭志 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E9%83%AD%E5%BF%97


[意味]
くるわ。外側をへいや城壁でとりまいた町。また、町の外がこいのへい。 物の外がこい。外わく。 周代の国名。(イ)今の陝西センセイ省宝鶏県にあった。西郭。(ロ)今の河南省にあった。東郭。 外わくを広げる。 とは、からからとして中がうつろなさま。廓落。 とは、ごそごそと歩く音をあらわす擬声語。 くるわ。その一区画をへいでとりまいた遊里。色まち。

部首
里(さと) 阝(おおざと,こざとへん) < 同じ部首を検索 画数 11 (その他の11画の漢字) 音読み カク < 同じ読みを検索 訓読み くるわ < 同じ読みを検索 他の読み ひろ < 同じ読みを検索 熟語 外郭 胸郭 輪郭 郭公 引用元:郭(カク,くるわ,ひろ)の意味や読み,郭を含む名前 (男の子/女の子件) | みんなの名前辞典,よく当たる名前占い,姓名判断(無料) https://mnamae.jp/c/90ed.html