セサル・アスピリクエタ


スペイン代表の右サイドバック
オサスナでもプレー
2010-12はマルセイユに所属
チェルシーに所属
ダニエル・カルバハル
セサル・アスピリクエタ(答)
ジョルディ・アルバ
ファンフラン
49%

セサル・アスピリクエタ・タンコ(César Azpilicueta Tanco, 1989年8月28日 – )は、スペインのサッカー選手。スペイン、パンプローナ出身。ポジションはディフェンダー。プレミアリーグ、チェルシーFC所属。

経歴
地元パンプローナのサッカークラブ、CAオサスナのカンテラ出身。2006-07シーズンよりBチームに在籍。同シーズン中の2007年4月8日、レアル・マドリード戦でトップチームデビューを果たした。本来は右ウイングの選手だが、翌2007-08シーズンには右サイドバックのレギュラーに定着、29試合に出場。翌2008-09シーズンにも38試合中36試合に出場した。また、若手の有望なサイドバックとして、他クラブからも注目を集めた。2010年6月28日、移籍金950万ユーロ(約10億5000万円)の4年契約でリーグ・アンのオリンピック・マルセイユに移籍した[1]。


アスピリクエタはその努力や献身性によって多大なる信頼を得ており、モウリーニョは「アスピリクエタが11人いればCLを制覇できる」と述べた。また、チームメイトであるギャリー・ケイヒルはアスピリクエタについて「彼ほど熱心に練習に取り組む選手はいない」と語り、その姿から「ねずみ」というあだ名をつけた。このニックネームについて、アスピリクエタは「とてもうれしい。チームメイトから一生懸命なやつだと思われているということだからね」と答えた。また、努力を怠らない理由については「努力以外の上達する方法を知らないから」だと語っている[5]。

2014年4月2日、チャンピオンズリーグ準々決勝のPSG戦の前日会見に出席し、同席した監督のジョゼ・モウリーニョから娘が誕生したことを公表された。名前はマルティナ[6]。
引用元:セサル・アスピリクエタ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%BF