マウロ・イカルディ ミランダ エベル・バネガ


次の選手を
イタリアのサッカークラブ
インテルに加入したのが
早い順に選びなさい
マウロ・イカルディ 2013
ミランダ 2015
エベル・バネガ 2016
33%

マウロ・エマヌエル・イカルディ・リベロ(Mauro Emanuel Icardi Rivero、1993年2月19日 – )は、アルゼンチン・ロサリオ出身のサッカー選手。アルゼンチン代表。インテル・ミラノ所属。ポジションはFW。

インテル
2013年7月9日、インテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。完全移籍を視野に入れた共同保有での加入となった[4]。背番号はロナウドやサミュエル・エトオといった名手が着けた9番であり、歴代の選手の中でも最年少で9番を背負うことになった[5]。7月27日のハンブルガーSVとのプレシーズンマッチで移籍後初ゴールとなる先制点を挙げ、[6][7]8月18日のコッパ・イタリア3回戦チッタデッラ戦で先発出場しインテルでの公式戦デビュー果たした。9月14日のセリエA・ユヴェントス戦(イタリアダービー)では後半23分から途中出場し、同28分には自身の移籍後公式戦初ゴールとなる先制点を挙げた[8]。
引用元:マウロ・イカルディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3

ミランダ(Miranda)ことジョアン・ミランダ・デ・ソウザ・フィーリョ(João Miranda de Souza Filho、1984年9月7日 – )は、ブラジル・パラナ州出身のサッカー選手。セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属。ブラジル代表。ポジションはディフェンダー。

インテル・ミラノ
2015年7月1日、イタリア・セリエAのインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍[4]。2015-16シーズンにはジェイソン・ムリージョとコンビを組み安定したディフェンスを見せ4位でシーズンを終えた。2016-17シーズンからは副キャプテンを務めている。
引用元:ジョアン・ミランダ・デ・ソウザ・フィリョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%A7

エベル・マクシミリアーノ・ダビド・バネガ(Éver Maximiliano David Banega, 1988年6月29日 – )は、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手。アルゼンチン代表。セビージャFC所属。ポジションはミッドフィールダー。

4人の兄弟がいる。地元のニューウェルズ・オールドボーイズの熱狂的なファンであり、右足の裏側にクラブの紋章のタトゥーを入れている。

インテル
2016年7月6日、イタリア・セリエAのインテルへ3年契約で加入[10]。同年8月21日のキエーヴォ戦でイタリアデビューを果たし、10月2日のASローマ戦でセリエA初得点を記録[11]。2017年3月12日のアタランタ戦ではキャリア初となるハットトリックを達成したが[12]、ポジションを確保するまでには至らなかった。

セビージャ復帰
2017年7月3日、古巣・セビージャへ900万ユーロで復帰を果たした[13]。
引用元:エベル・バネガ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%8D%E3%82%AC