星野一義 片山右京 中嶋一貴


次の日本人レーサーを
生まれたのが早い順に
選びなさい
星野一義
中谷明彦
片山右京
佐藤琢磨
小暮卓史
中嶋一貴
44%

035tYrFqzzLXo
スーパー耐久レースで活躍
1988年の全日本F3王者
若手の育成に取り組む理論派
エフワンのブラバムと契約
太田哲也
黒澤拓也
中子修
中谷明彦(答)
引用元:「木下隆之」自動車伝道師を称する日本人レーサー・妻は料理研究家「飛田和緒」 「中谷明彦」なかやあきひこ 理論派「中谷塾」で佐藤琢磨らを育成 1988全日本F3王者 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/7591/

星野 一義(ほしの かずよし、1947年7月1日 – )は、元レーシングドライバーで、現在は株式会社ホシノインパル代表取締役社長。静岡県安倍郡玉川村(現・静岡市葵区)出身。血液型:A型。現役時代は「日本一速い男」と呼ばれた。

レーシングドライバーの星野一樹は長男。
引用元:星野一義 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E9%87%8E%E4%B8%80%E7%BE%A9

中谷 明彦(なかや あきひこ、1957年11月3日 – )は、日本のレーシングドライバーであり、自動車評論家である。

人物
私立暁星小学校、港区立城南中学校(現港区立六本木中学校)、東京都立八潮高等学校を経て、武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部機械工学科卒業。

レーシングドライバーの中でも特に理論派として知られ、自らが主催する「中谷塾」ではドライビングテクニックを座学中心に学ぶという従来のレーシングスクール等と一線を画すカリキュラムにより、佐藤琢磨を初めとする多くのドライバーを育てている。

日本でもトップクラスのレーシングドライバーでありながらジャーナリストを兼ねるという稀有な存在であり、日産・GT-Rの開発主管を務めた水野和敏からは、ジャーナリストの中で「(GT-Rを)ちゃんと乗りこなせていたのは中谷明彦氏くらい」と高く評されている[1]。
引用元:中谷明彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B0%B7%E6%98%8E%E5%BD%A6

片山 右京(かたやま うきょう、男性、1963年5月29日 – )は、日本出身のレーシングドライバー、フォーミュラ1ドライバー、登山家、自転車競技選手である。通称「カミカゼ・ウキョウ」。神奈川県相模原市の名誉観光親善大使、白山ジオトレイル名誉顧問を務める。大阪産業大学工学部客員教授。「TeamUKYO」主宰。
引用元:片山右京 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B1%B1%E5%8F%B3%E4%BA%AC

佐藤 琢磨(さとう たくま、1977年1月28日 – )は、海外で活動する日本人のレーシングドライバー。2002年から2008年までF1に参戦し、2010年からはインディカー・シリーズに参戦。2017年に、日本人として初めて(アジア人としても初めて)インディ500での優勝を果たした。東京都新宿区出身。身長:164cm、体重:59kg。血液型:RH+ A型。マネジメント契約先はスポーツビズ。

「琢磨」と下の名前で呼ばれる事が多い。英語圏での愛称は“Taku”。早稲田大学人間科学部中退。 2012年より中日本自動車短期大学客員教授を務める[1]。
引用元:佐藤琢磨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%90%A2%E7%A3%A8

小暮 卓史(こぐれ たかし、1980年8月1日 – )は、群馬県出身のレーシングドライバー。
引用元:小暮卓史 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9A%AE%E5%8D%93%E5%8F%B2

中嶋 一貴(なかじま かずき、1985年1月11日 – )は、日本のレーシングドライバー。愛知県岡崎市出身。

父は元F1ドライバーの中嶋悟、弟はレーシングドライバーの中嶋大祐。
引用元:中嶋一貴 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B6%8B%E4%B8%80%E8%B2%B4