アディル・ラミ


2017年の夏にセビージャから
マルセイユに移籍した、モロッコ
とフランスの二重国籍を持つ
フランス代表のDFは誰?
ア・ラミデルィ
アディル・ラミ(答)
25%
Adil Rami

アディル・ラミ(Adil Rami, 1985年12月27日 – )は、フランス・オート=コルス県・バスティア出身のサッカー選手。フランス代表。リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ所属。ポジションはディフェンダー。モロッコとフランスの二重国籍を持つ。

代表
2007年に1度モロッコ代表の招集を受けるも、試合に向けての最終メンバーから漏れる。リーグ・アンで17試合しか出場していないなか、フランス代表のレイモン・ドメネクのサプライズ招集で、3月25日のマリ戦でB代表としてプレーした。その後ロジェ・ルメール監督が就任したモロッコ代表から再度招集されるも、固辞している。

2009年3月19日、南アフリカW杯予選のリトアニア戦に初めてフランスA代表として招集を受けた(ただし、出場機会はなし)。2010年8月11日の親善試合ノルウェー代表戦で待望のデビューを果たした。2012年5月27日のアイスランドとの親善試合で、代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。
引用元:アディル・ラミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9F

コメント
モロッコにルーツを持ち、かつてモロッコ代表にも招集されたことはあるが、フランス代表を選んだDF。10年8月にフランス代表ビューを飾り、W杯以後は招集機会を増やしている。06年からリールに所属。10-11年シーズンに57年ぶりVに貢献し、バレンシアへ移籍。14年1月にはミランへ加入した。しかし、当時監督だったフィリッポ・インザーギ氏への批判をメディアに明かし、クラブとの関係が破綻。14-15シーズン終了後の移籍が噂され、セビージャへの移籍。17年夏にマルセイユに加入した
引用元:アディル・ラミ | ゲキサカ https://web.gekisaka.jp/player/?22407-1514-eup