アントニオ・コンテ


2014年8月にサッカー
イタリア代表の監督に就任した
元イタリア代表の選手は?
チロ・フェラーラ
ジャンフランコ・ゾラ
アレッサンドロ・コスタクルタ
アントニオ・コンテ(答)
41%

アントニオ・コンテ(Antonio Conte、1969年7月31日 – )は、イタリア・レッチェ出身の元同国代表のサッカー選手、同国代表のサッカー指導者で、現チェルシーFC監督。ポジションはMF。

ユヴェントス
2011年5月、解任されたルイジ・デルネーリの後任として古巣のユヴェントスFCの監督就任が決定。就任当初は懐疑的な声が上がったものの、「闘将」とよばれた現役時代と同様にチームをタッチライン際で鼓舞する姿を見せ、2002-03シーズン以来(カルチョポリで剥奪されたタイトルを含めると2005-06以来)のセリエA優勝、しかも23勝15分という無敗での優勝に導いた。2012年5月、2013年までの契約を2015年まで延長した。

ACシエナ時代に八百長を知りながら告発しなかった罪に問われ、裁定の結果10か月の資格停止処分を受けた(その後処分は4ヶ月に短縮)[1]。復帰するとハンデをものともせず、2012-13シーズンも優勝し、さらに2013-14シーズンのセリエAも優勝し3連覇を達成し、さらに勝点102という欧州記録を達成した。

2014年7月15日、ユヴェントスの監督を退任したことがクラブの公式サイトで発表された[2]。

イタリア代表
2014年8月14日、イタリア代表の監督に就任した[3]。 自身初のナショナルチームの監督就任である。 UEFA EURO 2016出場に導くものの、2016年3月、イタリアサッカー協会は、UEFA EURO 2016終了後にアントニオ・コンテ監督が退任すると発表。同大会ではラウンドオブ16でスペインに勝利し同チームの大会3連覇を阻止し、イタリア代表をベスト8に導いた。

チェルシーFC
2016年4月4日、2015-16シーズンは10位に低迷したチェルシーFCの監督就任が決定。契約は3年間。

序盤戦は強豪であるリバプールとアーセナルに完敗し解任報道も出たが、その後3バックを導入しクラブ新記録となる13連勝を記録した。また、プレミアリーグ史上初となる月間最優秀監督賞を3ヶ月連続で受賞した。

後半戦はややペースダウンしたものの、首位をキープし、2017年5月12日のアウェーでのウエストブロミッチ戦で1-0で勝利し、チェルシーFCの2年ぶりの優勝を決めた。
引用元:アントニオ・コンテ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86