大鵬 輪島 北勝海


次の力士を
横綱在位期間が長かった
順に選びなさい
千代の富士貢
大鵬幸喜
輪島大士
北勝海信芳
旭富士正也
56%

横綱(よこづな)は、大相撲の力士の格付け(番付)における最高位の称号である。語源的には、横綱だけが腰に締めることを許されている白麻製の綱の名称に由来する。現行制度では横綱に降格はなく、現役引退によってのみその地位から降りる。従って、横綱になる力士はその地位にふさわしい品格と抜群の力量を要求される。

大相撲においては、横綱は、全ての力士を代表する存在であると同時に、神の依り代であることの証とされている。それ故、横綱土俵入りは、病気・故障等の場合を除き、現役横綱の義務である。

横綱は、天下無双であるという意味を込めて「日下開山」(ひのしたかいさん)と呼ばれることもある。

本場所では幕内力士として15日間毎日取組が組まれる。

横綱在位記録
順位 四股名 在位数 在位期間 在位中成績 在位中勝率
1位 白鵬翔 64場所 2007年7月-現役中 778勝105敗77休、優勝37回 勝率(休場含まない) .881、勝率(休場含む) .823、優勝率 .587、※1場所休止

2位 北の湖敏満 63場所 1974年9月-1985年1月 670勝156敗107休、優勝22回 勝率(休場含まない) .811、勝率(休場含む) .718、優勝率 .349

3位 千代の富士貢 59場所 1981年9月-1991年5月 625勝112敗137休、優勝29回 勝率(休場含まない) .848、勝率(休場含む) .715、優勝率 .492

4位 大鵬幸喜 58場所 1961年11月-1971年5月 622勝103敗136休、優勝29回 勝率(休場含まない) .858、勝率(休場含む) .722、優勝率 .500

5位 貴乃花光司 49場所 1995年1月-2003年1月 429勝99敗201休、優勝15回 勝率(休場含まない) .813、勝率(休場含む) .588、優勝率 .306

6位 曙太郎 48場所 1993年3月-2001年1月 432勝122敗166休、優勝8回 勝率(休場含まない) .780、勝率(休場含む) .600、優勝率 .167

7位 柏戸剛 47場所 1961年11月-1969年7月 407勝147敗140休、優勝4回 勝率(休場含まない) .735、勝率(休場含む) .586、優勝率 .085

輪島大士 1973年7月-1981年3月 466勝142敗85休、優勝12回 勝率(休場含まない) .766、勝率(休場含む) .672、優勝率 .255

9位 朝青龍明徳 42場所 2003年3月-2010年1月 463勝91敗76休、優勝23回 勝率(休場含まない) .836、勝率(休場含む) .735、優勝率 .548

10位 千代の山雅信 32場所 1951年9月-1959年1月 239勝103敗1分137休、優勝3回 勝率(休場含まない) .699、勝率(休場含む) .499、優勝率 .094
引用元:横綱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%B6%B1